« 『玉響荘のユーウツ』読了 | トップページ | オブ・ザ・イヤー…まあ色々 »

2005.12.30

『アンダカの怪造学Ⅱ モノクロ・エンジェル』読了

4044810028
アンダカの怪造学Ⅱ モノクロ・エンジェル』(日日日/角川スニーカー文庫)読了した。

あー…まあ、うん。こんなもんですか。

毎回言っているけど、日日日(あきら)の作品は評価し難い。それは、とても素晴らしいセンスが光る部分とどうしようもなく気恥ずかしくなってしまうほどに未熟(稚拙ではない…と思う)な部分が同居しているためではないかと思う。褒めたい気持ちはあるのに素直に褒められない。むしろ心情としては貶したい部分の方が強いのだけど、それでも良い部分は良いのだよなあ。困ったなあ。

今回、読んでいてどうしようもないと思ったのは、新登場の真弓と言うキャラクター。これが本当に頭の悪い子で、見知らぬ人間の言う事を素直に信じ込んだ挙句に、胡散臭い人間の提示した解決策についても全然疑わないと言う、明らかに詐欺や宗教に真っ先に引っかかるタイプなんですが、これがまた作品内では彼女は”武士”として描かれていてむしろかっこいい存在として描かれているんですよ…。いやいや、彼女は全然格好良くないですから。むしろ単なる駄目人間ですから!と言う事は登場人物たちは誰も指摘してくれねーんだよなー…。はあ。

で、まあそれだけだったら作者の人生経験が足りないね、で済むんですが、日日日の性質の悪いところは、天然なのか自覚的なのかは分からないけど、”駄目人間”の描写が際立って上手いと言うところなのですよ。真弓のどうしようもない頭の悪さ、頑迷さ、疑問の無さと言うのは、これが読んでいて嫌になるぐらいに”リアル”で、「あー確かにガキの時ってこんなもんだったよなー俺…」と言う嫌なリアルさに満ちている。不愉快になる寸前の見事な描写であって、まったく最悪だと思う(褒め言葉です)。

それなのに、何で彼女か格好良く描かれているのかが本当に謎。まさか作者は、こーゆータイプが本当に格好良いと思っているのか?それとも作者一流の皮肉なのか?単にキャラクターの設定と役割が乖離しているだけなのか?

あー…わかんねえ。読めば読むほど日日日はわかんねえ。もう全然分からないんだけど、少なくとも”現代”あるいは”少年少女”というものを切り取る手腕は本当にすげえと思うので、僕にとっては日日日はやっぱり高評価するしかないんだよなあ。

日日日は本当に得体の知れない作家だと思いました(最大級の賛辞)。
 
 
 
……別に括弧をつければ何を言っても良いとか思ってないよ?いや本当に。

|

« 『玉響荘のユーウツ』読了 | トップページ | オブ・ザ・イヤー…まあ色々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7419449

この記事へのトラックバック一覧です: 『アンダカの怪造学Ⅱ モノクロ・エンジェル』読了:

» アンダカの怪造学2/日日日 [ラノベ365日]
『アンダカの怪造学 2 モノクロ・エンジェル』 日日日 角川スニーカー文庫 【「その怪造生物を殺さなければ、世界は滅びる」。伊依が助けた怪造生物を狙う謎の美少女剣士舞弓。怪造生物を友だちと呼ぶ伊依は世界と怪造生物、どちらを選ぶのか!?】 正義の女剣士参上! ..... [続きを読む]

受信: 2006.01.03 23:40

« 『玉響荘のユーウツ』読了 | トップページ | オブ・ザ・イヤー…まあ色々 »