« 最近のエウレカセブン | トップページ | 『アンダカの怪造学Ⅱ モノクロ・エンジェル』読了 »

2005.12.29

『玉響荘のユーウツ』読了

4198506825
玉響荘のユーウツ』(福田栄一/トクマ・ノベルズ Edge)を読んだ。

うげッ(失礼)、これすげー面白れえ!
一言で言うと、よりオタキッシュ(適当)にした伊坂幸太郎みたいな作品かなあ。

相棒の裏切りによって借金を背負い、絶対絶命の状況に追い込まれた主人公が、突然遺産相続で手に入れた古ぼけたアパート。借金の返済まで残りわずか、返さなければ主人公の命も危うい。何とかして土地を売って借金を返すために住民達に立ち退きを迫る。しかし、そのためには住人達の問題を解決しなければならない。主人公の東奔西走、ノンストップの活躍(?)が始まった!

いやー凄いねこのテンション。絶対絶命かつ制限時間も残り僅かの状況で、立ちふさがるは難問奇問のオンパレード!勢い同時並行で問題解決を図らないと行けないわけだが、そのテンパリ具合が物語に勢いを感じさせる。さらに同時に問題を解決していくために、それぞれの問題を噛み合わせ、食い合わせ、いわば漁夫の利的に問題解決をして行く展開が最高。いや、そんなに上手くいくわけねえだろ!と思いつつも御都合主義的な印象を与えないのは論理がはっきりしているからなのかな。計算が明確と言うか。ライトノベル的な売り方をされているけど、これはキャラクター小説(僕の中ではこの二つは不可分)ではなくて、物語の転がり方を楽しむ作品。

いやー面白かった。

|

« 最近のエウレカセブン | トップページ | 『アンダカの怪造学Ⅱ モノクロ・エンジェル』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7403418

この記事へのトラックバック一覧です: 『玉響荘のユーウツ』読了:

« 最近のエウレカセブン | トップページ | 『アンダカの怪造学Ⅱ モノクロ・エンジェル』読了 »