« 当たり前のことが当たり前に出来る喜び | トップページ | 分かっちゃいるけど止められない。現実逃避の悲しさよ »

2005.12.01

『流血女神伝 喪の女王 (2)』読了

4086006669
流血女神伝 喪の女王 (2)』(須賀しのぶ/コバルト文庫)を読む。

面白いんだけど作者の視点が非常に高く設定されているせいで、主人公たちの行動が作者の手のひらの上にいるような気がしてならない。主人公たちの周囲よりも物語の大きな流れを動かしていく方に作者は傾注しているみたいですね。もともとそう言う話だと言われればそうなんだけど…。波乱万丈ではあるのだけど、どこか予定調和的のような気がしてしまう。読んでいる自分がスレてしまったのかな。

とは言え相変わらず予断を許さない展開で、あっちこっちから命を狙われているカリエに、またしても新たな脅威が迫りくるわけで、最強クラスの剣士が二人ついているわけだけどやっぱり前途多難だよな。どこまでカリエを苦労させれば気が済むんだこの作者は、と恐れおののきながら次巻に期待だ。

|

« 当たり前のことが当たり前に出来る喜び | トップページ | 分かっちゃいるけど止められない。現実逃避の悲しさよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7001612

この記事へのトラックバック一覧です: 『流血女神伝 喪の女王 (2)』読了:

« 当たり前のことが当たり前に出来る喜び | トップページ | 分かっちゃいるけど止められない。現実逃避の悲しさよ »