« 『キノの旅 Ⅸ』読了 | トップページ | 『世界の中心、針山さん』読了 »

2005.11.13

怒涛の如く今更な話

『カムイ伝』が面白すぎる点について。…本当に今更だな…。

だが、世間一般の流行とかなんとかを無視して自分の考えた事をそのままだだ漏れさせるのがこのブログの基本方針(基本方針とか言ってるよププー!)。とにかく書く。

つーわけでカムイ伝全集の4巻まで読んだんですが、とりあえずあまりに面白くてたまりません。何が面白いのかと言えば、「差別」をテーマにした人間の平等への希求を描き続ける部分(このあたりは行き過ぎるとまた別の問題が生まれそうではあるが…)とか、自らの望みのために生きようとする人たちが、運命だとか良く分からん代物に絡め取られていきながらも足掻き続ける姿とかそんな感じの奴です。あと登場人物たちが一杯出てくるのだけど、それぞれの目的が絡み合ったり離れたり、ある所で出会った者たちが全然別の場面でまた別の登場人物と出会ったりと群像劇として面白いのなんのといったら…。どうでも良いが、カムイ伝というわりにカムイの出番はあんまり多くないよな。どっちかと言うと、カムイ個人が世界と対峙する話よりも、差別を無くそうと農民一揆の方が主軸のような…。間接的には影響を与えてはいるのだけどね。

続きが出たら買います。

|

« 『キノの旅 Ⅸ』読了 | トップページ | 『世界の中心、針山さん』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7081405

この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛の如く今更な話:

« 『キノの旅 Ⅸ』読了 | トップページ | 『世界の中心、針山さん』読了 »