« どちらかと言えば伊良子は受け | トップページ | 『バルタザールの遍歴』読了 »

2005.11.21

電車の窓ガラスに映る自分の顔の虚ろさに愕然とする日(本日の購入物)

いや、別に意味は無いです。

それはそれとして文学フリマに行ってきました。まあ大体欲しいものを手に入れたのだけど、桜庭一樹と桜坂洋の本が手に入れられなかったのが痛かった。まさか正午過ぎには完売とは…。ショック。マジでやる気をなくした。人生的に。せめて本人の顔ぐらいは見てみようと思ったが、考えてみたら僕は両作家の顔を知らないのであった。

次は頑張ります。

1.『刃を砕く復讐者(下)』 ろくごまるに 富士見ファンタジア文庫
2.『天涯少女・シノ』 新城カズマ 富士見ファンタジア文庫
3.『愛×愛(1)』 風見周 富士見ファンタジア文庫
4.『試作品少女』 ゆずはらとしゆき 二見ブルーベリー
5.『シグルイ(5)』 原作:南條範夫 漫画:山口貴由 講談社
6.『ヘリオテロリズム Vol..1~3』 ヘリオテロリズム
7.『Natural Calor Majestic-12』 parallelloop+CUTEPLUS
8.『ライトノベル評論(?)』 MTI

そういや朝暮三文氏っぽい人を見かけた。写真と同じような顔をしていたが、なにしろ僕は人の顔を覚えるのが苦手なので定かならず。
1.『宝仙娘々追宝録』シリーズの5年ぶりの新作であります。マジで?夢じゃ無いだろうな…。
2.これまた…えーと2年?3年?ぶりくらいの新作。クライマックスもクライマックスでこれからカタストロフに突入だー!ってところでこの放置プレイだったもので既に内容を忘れていますよ…。
3.真面目なセカイ系…としか言いようが無い。嫌いじゃないよ、うん。
4.これは実はエロい小説。いや、だって文学フリマで売っていたんだもんよ…。どこかで褒められていたような気がしたので買っちゃったよ。
5.言わずと知れた君と僕のバイブルである。いっぱしのオタクはシグルイ用語を暗誦するぐらいは朝飯前とくらあ。つーか、牛股よ…。
6~8は文学フリマの収穫物。もうちょっと買っても良かったかな。

|

« どちらかと言えば伊良子は受け | トップページ | 『バルタザールの遍歴』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7252427

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の窓ガラスに映る自分の顔の虚ろさに愕然とする日(本日の購入物):

« どちらかと言えば伊良子は受け | トップページ | 『バルタザールの遍歴』読了 »