« 『ある日、爆弾がおちてきて』読了 | トップページ | 『ROOM NO.1310 #6 お姉さまはストイック!』読了 »

2005.11.15

『ソウルドロップ奇音録 メモリアノイズの流転現象』読了

4396208057
ソウルドロップ奇音録 メモリアノイズの流転現象』(上遠野浩平/ノン・ノベル)を読んだ。

謎の怪盗、ペーパーカットとそれを追うロボット探偵の物語だけど、上遠野浩平の他作品と共通した世界観のもとに描かれた作品(あーこーゆーの何て言うんだっけ?)。統和機構にMPLS、あと虚空牙と言った上遠野作品の中でも重要なモチーフが組み込まれているのだけど、正直、この作品は、一連の上遠野作品群の中でどう言う位置付けとなるのかが良く分からない。多分、これまでほとんど謎のままであった虚空牙(の目的)にスポットをあてているんだろうが、今のところはブギーポップのゲストキャラばかり出ているしなー。さて。

作品自体はどんなものかと言うと、まあジャンルとしては超能力ミステリの範疇に入るような気もするが、実際には謎解きらしい謎解きと言えるほどのものは無く、サスペンスっぽいところもあったり、アクションもあるにはあるけど、最終的のはいつもの上遠野小説としか言いようがありませんな。ただ、上遠野浩平の書く小説は、いわゆる大きな物語というか社会的なリアリズムがすっぽりと抜けてしまうので、どうも主人公が大人と言う気がしない。みんな10代のような悩みや焦燥、純粋さを残しているので、微妙に気恥ずかしくなっちゃうな。でも個人の苦しみが物語を駆動させる原動力になり、ラストのカタルシスに繋がる展開は素直に面白いと思った。

こう言うところは、この作家にしか書けない作品だと思いました。

|

« 『ある日、爆弾がおちてきて』読了 | トップページ | 『ROOM NO.1310 #6 お姉さまはストイック!』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/6386127

この記事へのトラックバック一覧です: 『ソウルドロップ奇音録 メモリアノイズの流転現象』読了:

« 『ある日、爆弾がおちてきて』読了 | トップページ | 『ROOM NO.1310 #6 お姉さまはストイック!』読了 »