« 『インサイドワールド』読了 | トップページ | 報告 »

2005.11.11

『我が家のお稲荷さま。(5)』読了

4840231753
我が家のお稲荷さま。(5)』(柴村仁/電撃文庫)を読んだ…先月の話だが。

良くも悪くもユルユルな話ですな。前回が結構緊迫した話だった反動か、果てしなくユルく、ほのぼのとしている。やっぱりこれがこの作品の持ち味なんでしょうな。

今回の事件も実にロースケールな話で、普通だったら短編にもならないぐらいに他愛も無いオチなんだけど、どこまでものん気な登場人物たちと淡々と穏やかな語り口のおかげか、なぜか面白い。相変わらず悪とか無情とか不条理とかそーゆーマイナスの事象は廃されて、基本的にみんな良い人ばかり。それが物足りないのではなく心地よいと感じてしまうのは、登場人物たちが、本当に愛すべき人柄を持っているためであろう。やっぱり小説はディティールっすよ。細部を真面目に書けばそれだけで小説は面白いって良い証明だね、これは。

まあ、その分ストーリーは何にも起こらないのだが。本当に一冊丸ごと単なる日常の話ですよ。なんか変な同級生が出てきますが、そんなのは事件の内には入りませんな。事件をろくに起こさないのに面白いと言うのは稀有というか、作者は結構凄い事をやっているよな、とか思いました。

|

« 『インサイドワールド』読了 | トップページ | 報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/6386093

この記事へのトラックバック一覧です: 『我が家のお稲荷さま。(5)』読了:

» 我が家のお稲荷さま。5/柴村仁 [ラノベ365日]
『我が家のお稲荷さま。5』 柴村仁 電撃文庫 【赤城高校のアイドル宮部紅葉からクリスマスのミニコンサートの招待をうけた昇。それを見てブルーになっていた美咲をテンコ・クーゲンと名乗る美男子から「惚れ薬」なるものを受け取って・・・。一方、謎の「灰色の狼人間」..... [続きを読む]

受信: 2005.11.12 01:09

« 『インサイドワールド』読了 | トップページ | 報告 »