« 本日の購入物と… | トップページ | 本日の購入物 »

2005.10.20

『戦う司書と恋する爆弾』読了

4086302578
戦う司書と恋する爆弾』(山形石雄/スーパーダッシュ文庫)を読んだ。

うーむ…これは…凄いよなあ…(絶句)。読んでいる最中に吠え声を上げた小説は久しぶりでございます。マジで凄いぜ、この本は。

物語を構成する世界から要素までが読者の予想をひっくり返す爆弾のようなもので、出てくるアイディアからストーリーまでが鮮烈なイメージを残している。キーワードを上げてみても「神立パンドーラ図書館」「爆弾人間」「世界最強の武装司書」「神溺教団」「すべての死者が本になる」「射程距離30kmの投石器」「半径50kmの触覚糸」「数百年の時を隔てた純愛」「1000年先までの予知能力」…。もうキーワードだけでも魅力的なこと極まりないのだが、こんなキーワードを組み合わせて、この作者はとんでもない物語を紡いで見せる。遠い夕日の中で出会った(出会わなかった)恋人達の、お互い思う心だけが生み出した物語であり、恋人達の物語が武装司書たるハミュッツ=メセタを巡る闘争に取り込まれ、あるいは食い破るその物語は、単なる成長小説でもなく伝奇小説とも言えず、純愛物語であるとも言い難く、しかもそのすべてであるという予測もつかない内容になっている。

久しぶりに『衝撃のデビュー作!』と言う形容が相応しいライトノベルに出会いました。はっきりに言って、僕が付け加えるべき内容など何もないし、何も語れないのだが、ただただ、これは僕の好きな作品であるという事だけも述べる事にしてこの感想を終わりたい。

実を言うと、この倍くらいの意味不明な電波文を書いたのだけど、さすがに意味不明な感情が暴走し過ぎているので没にした。ちょっと、この作品は僕の嗜好にヒットしすぎる。冷静になれねえなあ。

|

« 本日の購入物と… | トップページ | 本日の購入物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/6105379

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦う司書と恋する爆弾』読了:

« 本日の購入物と… | トップページ | 本日の購入物 »