« そういえば | トップページ | 『ぴよぴよキングダム(3)』読了 »

2005.10.07

『黄昏の刻(3) 赤熱の巨竜』読了

4829117567
黄昏の刻(3) 赤熱の巨竜』(吉村夜/富士見ファンタジア文庫)を読んだ。

菊地秀行の魔人学園を思わせる学園伝奇アクションの系譜を受け継ぎながらも、萌えや燃えなどライトノベル的なお約束も忘れない旺盛なサービス精神で読者を飽きさせないのがこの作品の面白いところだと思う。まあ、ちょっと僕の好みからするとまとも過ぎるんだけどね。

世界の命運を左右する”円盤”を持つ最強の念動力者でありながら心臓に爆弾を抱えた銀嶺の最強と最弱が同居するキャラクター設定など、設定からして激烈に熱い。超能力(この世界では”綾”と呼ぶ)を駆使した最強クラスの能力者に対して、銀嶺と、優秀ではあるが未熟な仲間たちがギリギリの戦いを繰り広げるところなどは、否応なしに面白い。また、脇役や敵がこれまた格好良くて、味方である無双八剣、敵側の竜爪八傑にしろ、雄々しく誇り高くてたまらんなあ。竜爪八傑の不知火の敵の敵は味方と言わんばかりの大胆不敵な裏切りぶりが格好良かった。

一方、バトル以外のところがあまあまなラブコメテイストなのがまた面白い。兄に対して恋愛感情を抱いている銀嶺の実の妹である夕姫を始めとして、ラブラブいちゃいちゃぶりが三巻目にしてさらに加速していて、すみ兵氏のかわいやらしいイラストともあいまって、なんとも性欲を持て余します(最悪…)。とりあえず、この兄妹はマジで恋愛に突入しているので、こっちはこっちで展開が非常に気になるところですね。

ただ、僕としては、やや登場人物たちに”闇”が足りないかな、という印象がある。みんな前向きで心正しく、誇り高いのだけど、僕の興味は人間の弱さにこそ心引かれるところなので、ここまで清廉潔白な人物ばかり出てくると、そんな人間ばかりじゃねえだろ?とばかりに捻くれたくなってきてしまうんだな。

無論、それはこの作品の欠点ではないけど。むしろ、非常に窓口が広い作品で、普通の萌え小説系を読んでいる人にも、一昔前の伝奇小説好きの人にもオススメできる良い作品である事は間違い無い。実際、とても面白かったしね。

でも、これ、あと何巻ぐらい続くのだろう。この引きだと、長くても2、3巻ってところか…風雲急を告げる、という奴だよなあ…。続きが気になるぜ!

|

« そういえば | トップページ | 『ぴよぴよキングダム(3)』読了 »

コメント

すみ兵かー。
なんだか懐かしい名前だw

コミックは一冊持ってるけど、漫画かいても結構いけるんだよねー。と思うんだ。個人的に。

新刊が欲しい、と切に願う。

投稿: みしまっち | 2005.10.08 22:16

いやあ…全然漫画書いている気配は無いね。
同人紙は出しているみたいだけど。

投稿: 吉兆 | 2005.10.09 07:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/6037385

この記事へのトラックバック一覧です: 『黄昏の刻(3) 赤熱の巨竜』読了:

« そういえば | トップページ | 『ぴよぴよキングダム(3)』読了 »