« 『老ヴォールの惑星』読了 | トップページ | 『愛はさだめ、さだめは死』読了 »

2005.09.02

『ハルピン・カフェ』読了

4043615027
ハルピン・カフェ』(打海文三/角川文庫)を読んだ。なかなか変わった事をやっているなあ。

結論を言えば大変面白かったと言っていい。買った動機としては、大森望が解説を書いていたからと言う身も蓋も無いものであったのだけど、読んでいく内になんだか奇妙な感覚と囚われてきた事で、これは真面目に読まないといけないと思うようになった。

奇妙な、と言うのはこの作品の叙述に対して思った事だ。
この物語は、事件に関わった様々な登場人物たちの視点(一人称)で叙述されている。それぞれ別々の立場で、独自の目的を目指して事件を追っていくと言う構図になっており、ライトノベル的に分かりやすく言うなら『バッカーノ』の叙述を思い返してもらえれば近いかもしれない。この叙述は様々な思惑が入り乱れる人間劇として効果を上げているように思う。

さて、そこまでならば普通にサスペンスものとして悪くない、で済ませられるレベルなのだが、この作品の面白いところは、布施隆三と言う奇妙な男を描ききったところであると思うのだ。何しろこの男、物語の冒頭からラストまで、すさまじい影響力とカリスマでもって語り手たちを惹きつけ、悩ませ、憎悪を浴び続けるのだが、しかし、彼本人が何を考え、何を目的として行動しているのかは謎めいており、物語の後半に至るまで明らかにされる事が無い。なぜならば、ほぼ語り手のすべてが彼に執着し追い求めているのに対して、布施隆三は「決して語り手として物語に関わらない」のだ。つまり、彼の”内面”は決して読者に開陳される事は無い。読者は、この奇妙な男を、語り手の主観を通して見る事しか出来ないのである。語り手たちの主観と思い込みに満ちた布施隆三像を幾重にも重ね合わせる事によって、少しずつ、神にも世界をも弄んだ男の精神が垣間見えてくる過程にはひどくスリリングな者であった。

もしこれが布施隆三の視点で物語が語られていたとしたら、それは単なるピカレスクハードボイルドとなって、ごく平凡な作品になっていた事であろう。とは言え、その方がずっと自然だと思うし、書きやすいのではないかと思う(布施隆三こそが主人公として設定されている節もある)。しかし、それをあえてせず、読者の解釈に任せるようにしたところがこの作者の凄いところだと思った。

結局最後まで謎めいたところを残した布施は、どこまでも格好良く、運命や神と呼ばれるものに対する嘲笑と憎悪と自己嫌悪にまみれたまますべてを飲み込んでいく。決して読者にたどり着けない領域へ飛び立っていく彼に対しては、正直なところ憧憬のようなものを感じずにはいられないのである。

|

« 『老ヴォールの惑星』読了 | トップページ | 『愛はさだめ、さだめは死』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/5635838

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハルピン・カフェ』読了:

« 『老ヴォールの惑星』読了 | トップページ | 『愛はさだめ、さだめは死』読了 »