« 『バイトでウィザード 響けよ我が祈り、と少女は笑った』読了 | トップページ | 本日の購入物 »

2005.09.06

『円環少女(サークリットガール)(1) バベル再臨』読了

4044267030
円環少女(サークリットガール)(1) バベル再臨』(長谷敏司/角川スニーカー文庫)を読みました。なんか色々吹っ切れたのか…?

良くも悪くも淡々とした文体なので、序盤の魔法バトルに今一つハッタリズムが足りなくなるのは仕方の無いところなのだろうな。いわゆるライトノベル的な過剰さとは無縁な描写が続くので、次から次へ登場するキャラクターの人数と比べて、キャラクターの描写が弱い気がした。
しかし、この淡々とした描写が、物語がクライマックスを迎えていくに連れてうねりにも似た感情の流れを生み出して行く所は実に圧巻である。これはこの文体でしか得られぬカタストロフであって、作者の表現の美しさに酔いしれるとともに、ますます作品としては勿体ねえなあと思った。なんかキャラクターが沢山出てくるのに扱いがぞんざいと言うか、ゴミのように死んでいくな…。これは、キャラクター小説として読まないほうが良さそうだ。

魔法と普通人の関係とか、魔法世界の設定とか、アイディア的には実にわくわくする上に、物語的な組み込み方も完璧で素晴らしい。普通人をこれほどまで凶悪な存在に設定する事で、通常の超人バトルものと価値観の転倒が起こっているあたり、作者の非凡なセンスが伺えるなあ。たまらん。

まあ、今回は①と書いてあるので、キャラクターの関係性の整理の巻なのだろうと思う。こう言う作家は長く書けば長く書くほど面白くなっていくタイプだと思うので(その割には寡作なんだよな…この人)、後はただひたすら続きを待つのみですね。まあ、それが重要なんだけど。

ところで、ヒロインの小学生魔法少女(S属性付き)が大変可愛いやらしいくて素晴らしいのだけど、さすがに危険と言うか犯罪的だと思った。主に作者が。

|

« 『バイトでウィザード 響けよ我が祈り、と少女は笑った』読了 | トップページ | 本日の購入物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/5743739

この記事へのトラックバック一覧です: 『円環少女(サークリットガール)(1) バベル再臨』読了:

» 円環少女�/長谷敏司 [ラノベ365日]
『円環少女 � バベル再臨』 長谷敏司 角川スニーカー文庫 【〈円環大系〉と呼ばれる魔法を使い、100人の魔導師を倒す運命を負った少女メイゼルの前に現れた、音を操る〈神音大系〉の騎士。メイゼルを排除しようとする彼らの狙いとは!? 魔導師たちの過酷な戦いが始まる..... [続きを読む]

受信: 2005.09.15 10:41

« 『バイトでウィザード 響けよ我が祈り、と少女は笑った』読了 | トップページ | 本日の購入物 »