« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »

2005.08.09

『福音の少年 歌う錬金術師』読了

4901978616
福音の少年 歌う錬金術師』(加地尚武/ぺんぎん書房)を読む。…タイトルにまったく意味が無い…。

前作である『図書館のキス』が中途半端な印象を受けていたので、やはり想定外の続編と言うのは難しいなあと思っていたのだけど、この話を読んでその考えは杞憂であったと思いなおした。一言で言えば三角関係ラブコメの皮を被った歴史改変ファンタジーと言える内容なのは変わらないが、むやみやたらと気宇壮大な大風呂敷の広げ方が素晴らしく、主人公の能力がいちいち地球レベルで影響を与えてしまうトンデモ具合が心地よい。

キャラクター造型は既存のライトノベルの典型から一歩も抜け出していないのだけど、それを補って余りあるのやたらと宗教知識に基いたハッタリズムであり、そのスケール感が、実は片思いの女の子との修羅場に帰結してしまう展開も含めて良い意味で先の展開を読ませない。正直、タイトルにもなっている”歌う”の部分が全然明らかになっていなかったり、相変わらず伏線だらけで次回に続いていたり、色々何とかしてくれと言いたいところもあるけど、大分ラブコメとして進展があったり、先ほども書いたけど当初のとてつもない大風呂敷のスケール感を感じさせてくれたので結構楽しかった。

しかし、このシリーズはちゃんと畳めるんだろうな…大風呂敷。まあ、一作目で驚天動地の決着を付けてくれた作者の事だから、そう言う意味では信頼が出来るかな(逆にどんなオチになるのか予想もつかないが)。
続きには普通に期待している。

|

« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/5220732

この記事へのトラックバック一覧です: 『福音の少年 歌う錬金術師』読了:

« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »