« 本日の購入物 | トップページ | 『ゼロの使い魔 <トリスタニアの休日>』読了 »

2005.08.01

『鬼刻~二人舞~』読了

4086302454
鬼刻~二人舞~』(城崎火也/スーパーダッシュ文庫)を読んだ。まあ面白い。なんか前回読んでから随分時間が経ってたような気がするが気のせいか。

内容については大体期待通りの面白さだったと思う。主人公が能力に覚醒して主人公らしい振る舞いをするようになったり、三角関係フラグ突如浮かび上がってきたりとテコ入れがあからさまではあるのだが、これはこれで判りやすい面白さにはなったのでは無いかな。次巻以降の修羅場への布石としては十分で、まさか鬼刻でこう言う楽しみ方ができるようになるとは思いませなんだ。

ただ、今回は伏線を張るための回のようで、事件そのものは実に投げやりな感じになってしまっているので、単品としてはやや不満が残るか。事件へ導入部分の御都合主義的な展開も相変わらずだし(だって怪しいやつを探して道を歩いていたらいきなり悲鳴が…ってのは…。こう言う展開を平然とやるところは逆に凄いところなのかもしれないが)、もうちょっと(少なくとも、僕のような口うるさい読者のツッコミを封じるぐらいには)細かいところまで気をつけて書いてくれるともっと面白くなると思うんだがなあ…。

余計なお世話な発言でした。

|

« 本日の購入物 | トップページ | 『ゼロの使い魔 <トリスタニアの休日>』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/5125489

この記事へのトラックバック一覧です: 『鬼刻~二人舞~』読了:

« 本日の購入物 | トップページ | 『ゼロの使い魔 <トリスタニアの休日>』読了 »