« 『鬼刻~二人舞~』読了 | トップページ | 本日の購入物 »

2005.08.02

『ゼロの使い魔 <トリスタニアの休日>』読了

4840112908
ゼロの使い魔 <トリスタニアの休日>』(ヤマグチノボル/MF文庫J)を読んだ。まあ、相変わらずですな。

今回は、連作短編集の形式をとっていて、主人公達を含めたキャラクター達の関係図の見直しのお話になっている。才人とルイズのラブラブぶりやら、お姫様の立ち位置、キュルケとタバサの繋がりの強さなど、それぞれのキャラクターが持つ背景と現状を改めて説明し、次巻以降の展開につなげていこうと言うのだろう。それは、作者が今後の展開の上で必要な情報をえり分けていると言った印象すら覚え、それをわざわざ一冊かけてやってしまうところに作者のクレバーな部分と身も蓋も無い部分が垣間見えると思う。そのあまりにも流暢な解説振りに、ヤマグチノボルよ、あなたは小説を書くつもりが全然ありませんね?とか思った。

と書くとさすがに言いすぎかなと言う気がしてきたが(小心者)、要するに、ヤマグチノボルは自分の書く小説が短期間で読み捨てられ、消費される類のものであると言う事に自覚的であるということなのだろうと思うのだ(つまり、長期的な記憶に残るような作品ではなく、読者の中には前巻の物語をうろ覚えのまま読んでいたりするような本である、と言う認識を持っているという事)。ただ読者を楽しませるためのツールとして小説を利用しているに過ぎないとでも言うような割り切り方(スタンス)が、僕にとってヤマグチノボルが凄いと思う部分であり、嫌いだと思う部分でもあるのだ。僕は小説と言う媒体を愛しているので(言っちゃったよ…あーあ)、小説を書く事で表現したい”何か”があるようには思えないヤマグチノボルと言う小説家そのものはあまり好きではないのだな…。

ま、こんな事はあくまでも僕がそう感じているだけであって、実際の作者のスタンスは全然違うかも知れないんだけどね。なんだかんだ言っても、本自体は面白いと思うし。単なる趣味の問題です。
 
 
 
(あ、また内容について書きそびれた…)

|

« 『鬼刻~二人舞~』読了 | トップページ | 本日の購入物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/5103569

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゼロの使い魔 <トリスタニアの休日>』読了:

« 『鬼刻~二人舞~』読了 | トップページ | 本日の購入物 »