« 『本日の購入物』 | トップページ | 『うそつき~嘘をつくたびに眺めたくなる月~』 »

2005.08.04

『サーラの冒険(5) 幸せをつかみたい!』読了

4829117354
サーラの冒険(5) 幸せをつかみたい!』(山本弘/富士見ファンタジア文庫)を読んだ。……くっ……涙で前が見えねえ…。

『サーラの冒険』シリーズの、待望の、新刊で、あります。なんと前作である4巻が出てから9年ぶり!!いやー待った待った。もうとっくの昔に新刊は出る事はないと諦めてかけていたけど、いやいや待ち続けてよかったなあ。

今ではソードワールド小説と言うのもほとんど読まなくなってしまったけど、学生の時には好きで色々読んでいたものです。その中でも格段にお気に入りであったこのシリーズ。何しろ果てしなく地味だ。もともとヒーロー性が高いソードワールドRPG世界の物語でありながら、主人公のサーラは、何のスキルも持たない村の少年Aだった。そんな彼が冒険者に憧れて、その身にいっぱいの知恵と勇気で困難に立ち向かうと言う、清く正しい冒険小説である。勿論、単なる子供であるサーラは、大人の世界で繰り広げられる本物の悪党と対峙したとしてもあまりに無力な少年である。しかし、そんな彼が精一杯の勇気で立ち向かい、大人たちの決まりごとを覆すと言う、あまりに夢物語で、そして何よりも大切な物語ではないかと思うのである。

実を言うと、9年ぶりに読む段階になって、もしかしたら昔のようには楽しめないのではないか、捻くれた読み方をしてしまうのではないか、と心配になってしまった。そのあまりの理想主義的な物語を、それなりに擦り切れた自分が拒否してしまう可能性は無いとは言い切れない、と思った。結果的には杞憂に終わったのは、かつての自分にも、今の自分にも嬉しいことだと思う。夢を見る事、夢を叶える事ってのをいつまで経ってもみずみずしく描ける山本弘は偉いと思う。大人としてはどうなのかは判らないけどね(でた、ネガティブ発言)。

内容については、ついに『サーラの冒険』も次の巻で完結だそうだ。復活した途端に完結とは寂しいが、そもそも次がいつ出るのかわからんしな…。また何年も待たされたらどうしてくれよう。投書でもするか。
それはともかくとして、ついに今まで伏線が張られまくったサーラの”呪い”が明らかにされ、恋人であるデルとのあまりにもつらい別れを経験してしまう。それは、今までのサーラの冒険で肯定してきた夢や希望の敗北であるとも読める。おそらくはサーラの冒険における最大の山場であると思う。このまま夢の敗北を受け入れるのか、それともさらに足掻くのか、最終巻が実に待ち遠しい(まあ、このまま終わるなんて事があるわけ無いけどね。山本弘だし)。

|

« 『本日の購入物』 | トップページ | 『うそつき~嘘をつくたびに眺めたくなる月~』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/5081439

この記事へのトラックバック一覧です: 『サーラの冒険(5) 幸せをつかみたい!』読了:

« 『本日の購入物』 | トップページ | 『うそつき~嘘をつくたびに眺めたくなる月~』 »