« 『ロクメンダイス、』読了 | トップページ | ゲームの事とかのリンク »

2005.07.16

『マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ』読了

408600609X
マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ』(今野緒雪/コバルト文庫)を読んだ。さくっと瞬読読み終わるのが早過ぎる。まあ、これはこれで貴重な作風ではあるので良いとは思う。なんだかんだと言って面白かった。

で、まあ内容は相変わらず黄薔薇姉妹の妹問題が続いておりますが、由乃の(現時点における)最有力妹候補である奈々のキャラクターがなかなか面白く、普段の役回りでは回りを引っ張る(あるいはかき回す)由乃が圧倒されているのが新鮮なギャップであった。こう言うキャラクター間の反応を楽しむのがマリみての一番面白いところだと思っているので、個人的には大変に満足している。

ところで令の影が今ひとつ薄いのは黄薔薇の伝統だろうか。反面、祥子がどんどん変なキャラクターになっていて、繰り出されるぶっ飛んだ言動に、祐巳が一喜一憂したりフォローしたりするのが定番になっているのも安定感があってよろしい。なんだか最近、祥子というキャラクターが気に入りつつあるのだが、まさかここまで作者に弄られるとは…と思ったが、考えてみれば最初からこんな人だったような気がする。単に上役がいなくなって抑える人間がいなくなっただけかも知れない。この人は本当に祐巳のことが好きなのだね。

少しづつ蕾たちの妹問題にもケリが付きそうな気配が漂ってきているように思う。そろそろかな、と思うと同時に次は現薔薇様たちの卒業イベントも近づくと言う事になるので、あとはその世代交代をいかに描ききるのか。作者の手腕に期待したい。

|

« 『ロクメンダイス、』読了 | トップページ | ゲームの事とかのリンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/4873331

この記事へのトラックバック一覧です: 『マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ』読了:

« 『ロクメンダイス、』読了 | トップページ | ゲームの事とかのリンク »