« 『星界の断章Ⅰ』読了 | トップページ | またゲームの話とか。 »

2005.07.24

『火事と密室と、雨男の物語』読了

4061824376
火事と密室と、雨男の物語』(浦賀和宏/講談社ノベルス)を読んだ。とても面白かった。

周囲に対するルサンチマンを剥き出しにした主人公八木剛士が、ただ一人自分の価値を認めてくれた松浦純菜に対して意地を貼ったり嫉妬したり、でも真正面から向き合う事からは逃げると言った思春期のどうしようもなさを赤裸々に描いた作品。こう言う描写にリアリティを感じられる人間が果たしてどれくらいいるのかは分からないが、前回同様、少なくとも僕にとってはあまりにも現実味のありすぎる作品であります。イメージがわかない人は高校時代を思い返してみていただけると良いやもしれませぬ。ほら、クラスの中に一人ぐらい暗くてとっつき難くて周囲にバリヤーを張っている人間が一人ぐらいはいるっしょ?つまりそれですわ(まあ、実際には、程度の差こそあれ、誰もがルサンチマンを抱えているのだろうとは思うのだが…。もしまったく抱えていなかったら嫌だなあ)。そう言う不器用な人間について描かれている作品であります。

さて、どうしようもなく人生に煮詰まった八木少年だが、松浦純菜に出会ったことで自分の力について自覚し、結果、自分を特別な人間として見なす優越感と松浦純菜に対する仲間意識(あと単純な性欲も)を新たに抱え込む事になり、どうしようもなく揺れ動いてしまっている。そんな八木の前に新たなる能力を持ったひきこもりの少年が現れて、松浦純菜にとってのオンリーワンで無くなることへの怯えから、徹底的に相手を排斥しようとする。その不安定さはいかにも少年らしさで、結構嫌いになれないよな…。まあ、馬鹿だなあ、とは思うけど。

八木少年が純菜を助けるためにヒーローとして活躍してしまうのがこの作品の面白いところで、徹底して八木少年を痛々しく描写しているが故に、後半のヒーローぶりが実に映える。不覚にもちょっと感心したよ、彼には。

ただ、この作品は、明らかに痛々しい青春ドラマとしての側面が強いので、ミステリとしては全然成立していないのはしょうがないところかな。勝手に事件が起こった上に勝手に収束してしまうので読者に推理する余地を与えてくれないのはどうかと思ったが…まあそう言う話ではないのかな。

ともあれ、ウラガーとしてはまったく問題無く楽しめる作品でありました。続編をちょー希望(ちょーとか言うな)。

|

« 『星界の断章Ⅰ』読了 | トップページ | またゲームの話とか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/4888904

この記事へのトラックバック一覧です: 『火事と密室と、雨男の物語』読了:

» 挿絵にげんなり [パノラマジック]
[続きを読む]

受信: 2005.07.27 23:18

« 『星界の断章Ⅰ』読了 | トップページ | またゲームの話とか。 »