« 『塵骸魔京』雑感 | トップページ | しつこく『塵骸魔京』について »

2005.07.03

『メフィストの魔弾』読了

4198506701
メフィストの魔弾』(嬉野秋彦/トクマ・ノベルズ)を読了。いやまあ詰まらない事は全然無い。が普通。

エロス&バイオレンスが満載で楽しい事は間違いないが、何か新しいものがあるかといえば全然そんな事はありませぬ。広瀬総士のイラストは結構悪くないと思うけど、およそ表紙から想像されるようなライトノベル的な作品ではなく、むしろそれまで作者に染み付いていたライトノベル的なものをなるべく排除して、代わりに菊地秀行のような怪異と妖異が渦巻くドロドロを注入したような感じかな。ただ、主人公である女装の殺し屋と美女にも美少年にもなれる悪魔のコンビと言うなかなかライトノベルっぽい設定も残されていて、これはこれで不思議な味わい。まあ、全体的にはやっぱり菊地秀行なんだけど。良くも悪くも普通の伝奇小説であるので、他に言うべき事もありませんねえ。

|

« 『塵骸魔京』雑感 | トップページ | しつこく『塵骸魔京』について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/4653584

この記事へのトラックバック一覧です: 『メフィストの魔弾』読了:

« 『塵骸魔京』雑感 | トップページ | しつこく『塵骸魔京』について »