« 『バイトでウィザード 黄泉路へつらなる万国旗!』読了 | トップページ | 『アンダカの怪造学Ⅰ ネームレス・フェニックス』読了 »

2005.06.09

『タマラセ サイボーグは果実を愛する』読了

4044707030
タマラセ サイボーグは果実を愛する』(六塚光/角川スニーカー文庫)を読んだ。相変わらず面白いなあ。

例によってある意味、正当な伝奇小説の系譜を受け継ぐこのシリーズも3冊目。相変わらず事実を外してはいないのに、まったく内容を反映していないタイトルが最高だ。全然意味がわからないあたり作者の性格か垣間見えて面白い。

無いようについてはいつも通りであんまり書くことが無いのだけど、ざっくざっくと無造作に人が死んでいくと言うかなり凄惨な物語なのに、キャラクター達のどこか暢気と言うか愛嬌のある性格のために、悪役たちですらなんか憎めないあたりかなりおかしな話である。でも別に作品内で倫理観が崩壊していると言うわけではなく、幼馴染が命を狙われていれば助けようとするし、知り合いが危害を加えられれば怒り狂う主人公達なんだけど、同時に不良たちが惨殺されていくのを(平然としてではないにしろ)見過ごしてしまうのも主人公達なんである。この割り切り方をドライさと言うのは、実のところ僕には良く分かる。正直、自分に大切なもの以外の存在は、そりゃ自分の力の及ぶ範囲では助けようとするだろうが、すべてを助けられるほどに博愛主義者ではないし、力もない。人間の出来る事に対する見切りがあるのがこの作品の特徴と言えるのかも知れない。

話が例によってずれたけど、物語的には結構大きな展開が起こった感じがする。戸有村の上層部たちの不穏な思惑と、それに対抗する反乱分子たちの間に駆け引きに巻き込まれる主人公、というのが今までの基本的な展開であったわけだけど、それは降りかかる火の粉を払うだけの行為であったのだろう。しかし、今回は明確に戸有村に反抗する行為を行ってしまったわけで、今後、戸有村と対決姿勢が強まっていくのではないかな、という気がする。新展開があるかなあ。

とにかく読んでいて楽しい事はこの上ないのだが、しかし、どこそこが面白いと言う事にあまり意味が無いような気がしてきた(なら書くなよ)。とにかく凄惨なわりどこかほんわか。程よく力の抜けたユーモアとシビアな超人バトルが融合した、けっこう他に同じような話が見かけないような奇妙な味がある作品である。なんか、”恐怖”を抜いた中島らものライトノベル版、みたいな感じかな?

(何でも最近読んだ本に結びつけるのは僕の悪い癖だ)

|

« 『バイトでウィザード 黄泉路へつらなる万国旗!』読了 | トップページ | 『アンダカの怪造学Ⅰ ネームレス・フェニックス』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/4458142

この記事へのトラックバック一覧です: 『タマラセ サイボーグは果実を愛する』読了:

« 『バイトでウィザード 黄泉路へつらなる万国旗!』読了 | トップページ | 『アンダカの怪造学Ⅰ ネームレス・フェニックス』読了 »