« 『タフの方舟(2) 天の果実』読了  | トップページ | 『ネコソギラジカル(中) 赤き征裁 VS 橙なる種』読了 »

2005.06.12

『阿修羅ガール』読了

4101186316
阿修羅ガール』(舞城王太郎/新潮社)読了。まあ再読なんで特に言う事は無いけど、同時収録の「川を泳いで渡る蛇」が大変素晴らしかったので満足している。

三島由紀夫賞受賞作品ではあるが、別段舞城王太郎的にはそれほどの内容ではないよなあ。まあ、普通。
グルグル魔人を中心に巻き起こるハルマゲンドンから生じるむちゃくちゃ加減、”魔界”に落ちたアイコが象徴的な冒険を行うあたりはいかにも舞城風味だが、このあたりの密度の話をするなら『九十九十九』を読んだ方が良いと思う。ちょっとこっちは普遍に流れすぎだよなあ…。とは言え、おかげで非常に分かりやすい作品になっているので舞城初心者にはちょうど良い作品と言えるのかもしれない。これを読んで舞城に興味を持った人は覚悟したほーがいいよ?みんなすごいから。

「川を泳いで渡る蛇」
短い。短いのだけどこれは良いなあ。やっている事は単純で、主人公である”僕”が恋人を自転車で迎えに駅まで行って、しかし、乗せずに帰ってきて、やっぱりまた戻ると言う話に過ぎない。これがなあ…主人公が空を仰いで夢想する際のイメージの広がり方が雄大でとても美しくて好きなのだ。まあ、いきなり”神”にまで飛躍されるのは驚いたが、それすらもイメージの飛躍を表している感じするので肯定したいなあ。

|

« 『タフの方舟(2) 天の果実』読了  | トップページ | 『ネコソギラジカル(中) 赤き征裁 VS 橙なる種』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/4458069

この記事へのトラックバック一覧です: 『阿修羅ガール』読了:

» 阿修羅ガール:舞城王太郎 新潮社2003 [空っぽな僕と、終わる世界と、フィードバックノイズ。]
[続きを読む]

受信: 2005.06.18 17:15

» ア・ルース・ボーイ 2003.6.X 初出 [仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌]
ア・ルース・フィッシュ  だらしのないやつ 仙台一高出身の作家、佐伯一麦さんの ... [続きを読む]

受信: 2005.06.19 15:19

« 『タフの方舟(2) 天の果実』読了  | トップページ | 『ネコソギラジカル(中) 赤き征裁 VS 橙なる種』読了 »