« 『ヴぁんぷ!Ⅱ』読了 | トップページ | 『夏と冬の奏鳴曲』読了 »

2005.06.14

『ぼくのミステリな日常』読了

4488417019
ぼくのミステリな日常』(若竹七海/創元推理文庫)を読んだ。面白いなあ。

生涯初の若竹七海。とても温度が低い文章を書く人で、とても僕好み。何度も書いているような気がするけど、僕は書き手と文章の距離感が離れている作品を贔屓にする傾向があって、ぶっちゃけそう言う文章に憧れているのだ。まあ、これは傾向の問題であって、書き手と文章が撞着している文章も面白いと思う事もあるので、実際のところ自分でも好みは良く分から無いのだけれども。ちなみに僕の文章が思い切り距離が短いです。書けねえなあ。

これはとある会社の社内報に掲載されている作者匿名の短編という体裁をとっていて、これがきちんとミステリとして機能しているのはさすがだと思った。毎月一作が掲載されて良くのだけど、色々レパートリーに富んでいる。大掛かりなトリックではなくて、いわゆる”日常の謎”系のミステリなんだけど、日常の中でほんの少し不思議な出来事を、ちょっと視点を変えることでまったく別の物語が生まれる所がとても良いと思った。また、人間の背筋の凍るような悪意が恐ろしいも哀しい「鬼」や、謎が解決した後にさらに一ひねりする(というか、この作品にはそう言う話が多いな。しかし、すべて予想もしない死角からひねられるので毎回騙されてしまうのであった。僕だけだろうか?)「バレンタイン・バレンタイン」など内容はバラエティに富んでいて面白かった。

しかし、何よりこの作者に感心するのは、読者を驚かせようと言う情熱と技法を駆使しながらミステリにありがちなパズラーにならず、”物語”をおろそかにしないと言う事だ。不思議な謎が提示され、その謎が解決されたかと思うとさらに一ひねりされて驚いたところに落とし穴。その過程には人間の愚かさや悪意、あるいはちょっとした善意、偶然があり、そう言ったものを救い上げてなんとも不思議な物語となっている。いや、凄いな、この作者。

そしてそれぞれの短編を最後まで読み終えると…まあ、これ以上は言えないけど、それまでの世界が一変する感触が味わえた。うーむ、良い。

|

« 『ヴぁんぷ!Ⅱ』読了 | トップページ | 『夏と冬の奏鳴曲』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/4483951

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくのミステリな日常』読了:

« 『ヴぁんぷ!Ⅱ』読了 | トップページ | 『夏と冬の奏鳴曲』読了 »