« 『ぼくのミステリな日常』読了 | トップページ | 本日の購入物 »

2005.06.15

『夏と冬の奏鳴曲』読了

4062638916
夏と冬の奏鳴曲』(麻耶雄嵩/講談社文庫)を読んだ……読んだのだが…。

ぐはー…分からん!なにがなんだか…。読者に対してすらすべてを韜晦する作者のわけわからなさが僕の脳髄を直撃する。読者に対してエンターテインメントと言うものを一切無視した作品だなあ。これは一体どういう小説なんだ?

あまりに奇抜な主人公とヒロインの名前(如月烏宥、桐原桐璃)やあまりに記号的なヒロインの造型など、おそらくはその後の新本格(と言うより清涼院流水)の流れの走りだか原点だがの作品である事は間違いないものと思われる(違ったら恥ずかしいが)。そして、このわけわからん衝撃は、現在のあらゆるミステリと比較してもまったく遜色がないと言えよう。いや、参りました。

謎に対する姿勢は、敢えて言うならオーソドックスに近いような気がする。でっかい謎を最初に提示して、徐々に明らかになっていく真相と言う流れは、現在のミステリと比較すれば古典的と表する事もできるだろう。ただ問題は(いや、問題じゃないのか)、そこで明らかにされる真相が、生半可な想像を絶して予想をはるかに上回っているという事だけだ。いや、既に上回っていると言うより”異質”な発想というべきか。とにかくわかんねーよこんなの。

まずもって明らかにされる動機に唖然とし、ついで明かされるトリックに呆然とし、真犯人の登場に思考が停止する。動機とトリックは、まあ良いとしよう。理解できなくも無いし、可能不可能で言えば可能の部類に入るのだろう。問題は真犯人についてだが…えっと、これはどう解釈すれば良いのかなあ。最後の最後まで混沌とした状態を維持したまま放り投げてしまったラストシーンは、もはや”物語”というものに対する挑発とも思える。主人公なんて言っても、それは本人にとっての物語でしかないのだよなあ、何てことを思いました。何を言っているんですかね、自分…。

とにかくなんだかよくわからない奇天烈な作品でありました。こんな本を読んでしまうなんて、これだから本を読むのは止められないなあ。

今気が付いたのだが、これ「夏と冬のソナタ」なのか。冬の…いやなんでもない(すげー蛇足)。

|

« 『ぼくのミステリな日常』読了 | トップページ | 本日の購入物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/4514746

この記事へのトラックバック一覧です: 『夏と冬の奏鳴曲』読了:

« 『ぼくのミステリな日常』読了 | トップページ | 本日の購入物 »