« 『リメイク』読了 | トップページ | 『海の底』読了 »

2005.06.22

『D.Gray-man reverse1』読了

408703156X
D.Gray-man reverse1』(城崎火也/ジャンプJブックス)を読んだ。

本来、僕はこの手のファンアイテム的な本は買わないようにしているのだけど、作者が『鬼刻』の人だということに気がついたので、気まぐれで買ってみた。まあ、大体想像通りの内容だった。やっぱりファンしか楽しめないところも多々あって、まあ普通のマンガのノベライズ作品だと思う。よく知らんけど。ただ、こーゆーのは僕は小説とは呼びたくないなあ。

ノベライズと言うのは、読者は既に原作を読んでいるという前提がまずあるので、世界観やキャラクターの説明をしなくても良いという稀有なジャンルなのだけど、同時に既存のキャラクターに縛られたものになりやすく単品では成立できない弱点を持っているのが傾向としてある。また、原作がマンガだと言う事は、想定される読者はほとんど小説と呼ばれるものを読んだ事が無い可能性もあると言う事で、書き手としては色々難しい条件がつけられてしまっていると思う(余談だが、ここで作者に求められているのは、いかに”キャラ萌え”をしている読者に対して、満足しうる材料を提供出来るのか、と言う事にあると思う。二次創作的なスタンスと言うべきか)。この作品は、その厳しい制約の中では頑張っている方だと思う。思うけどやっぱり小説としての評価は出来ねえわな…。

まー『鬼刻』の三巻には期待しております。

|

« 『リメイク』読了 | トップページ | 『海の底』読了 »

コメント

ジャンプのノベライズ…
まさか吉兆さんがこのテのものを
読まれるとは、と意外でしたが(失礼)
酷評されたことについても私としては驚きました。
私も「バスタード!」とかいろいろ読みましたが
アフレコ台本みたいな文面だったような思ひ出が…
「漫画に勝てるわけないじゃん」なんて言わず
「俺の考えた話(オリキャラとかも含めて)のほうが面白いぜ!」と
脚本家的才能でもって挑戦して欲しいと願うのは
過ぎたコトなんでしょうか…?

吉兆さんの感想いつも熱心に読ませて頂いてます!
ではまたっ

投稿: もりもり | 2005.06.23 02:33

あーちょっと言葉が足りませんでした。

別にノベライズがすべてつまらないと言うつもりは無いんです。中には傑作(『イリヤの空~』で有名な秋山瑞人は最初はノベライズ作家でしたね)や怪作(『スパイラル』の二巻とか。マジで腰が抜けるほどに驚愕の作品)はあることは理解してはいます。

ただ、漫画のキャラクターを小説で動かすだけに過ぎない作品にはあまり興味はそそられませんね。そう言うのは漫画だけでやっていれ良いと思ってしまいます。まあ、趣味の問題ですけどね。

まあ、読まなければ良いといわれればそれまでなんですが。

投稿: 吉兆 | 2005.06.23 22:21

あ、書き忘れていましたが、いつも読んで頂いてありがとうございます。

投稿: 吉兆 | 2005.06.23 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/4608523

この記事へのトラックバック一覧です: 『D.Gray-man reverse1』読了:

« 『リメイク』読了 | トップページ | 『海の底』読了 »