« 『平井骸惚此中ニ有リ 其参』読了 | トップページ | 『薔薇のマリアVer0 僕の蹉跌と再生の日々』 »

2005.05.03

『黒白キューピッド』読了

なんか面倒になってきたので書影とアマゾンへのリンクは止めようかと思います。意外と手間がかかるんだよな…(と言いつつ書影復活)。

4086302357
黒白キューピッド』(中村九郎/スーパーダッシュ文庫)読了。あー……申し訳ないが、この作品は小説としては評価できませんわえ。あまりにも過剰すぎる自意識に修飾された文章と言うだけでも僕の苦手なタイプの小説なのに、読者に対する配慮がまったく無い物語に、僕の理解を超越する反応を示すキャラクターが合わさって超絶な分かり難さを生み出している。主人公とヒロインの出会い方も僕の常識を軽々と飛び越えており、分かるやつだけ分かれ感満載であります。場面と場面の繋がり方にも飛躍が多くて展開の速さに置いてきぼりにされてしまうこともしばしばであり、何度か読み返さないと理解できないところもあった。繰り返してしまって申し訳ないが、小説としては不備が多すぎると思う。

ところが。

ところが、僕はこの作品を一刀両断に切り捨てることが出来ない。本当に小説としては評価出来ないのだけど(しつこい)、ただ一点、生きると言うことになんら意味を見つける事が出来ない焦燥感、微熱に浮かされたようなふわふわした非現実感を上手く表現していると思った。それこそがこの作品の価値であると思うし、逆にそれだけでこの作品が果たしている役割は十分だとさえ思う(作者に対しては失礼だと思うけど)。

現実感の無さ、というのは10代向けライトノベルにはしばしば取り上げられるテーマで、それを否定したり肯定したりと形は変わるけども、おおむね普遍的なテーマであると思う。しかし、それらをテーマとして扱う作品の多くでは現実感の無さを言及したり考察したりと、どちらかと言えば外側から問題を眺めた作品が多い(具体的に作品を挙げろと言われると困るが)。しかし、この『白黒キューピッド』では、それ(非現実感、あるいはそれを感じる心そのもの)を紙面に再現する事を目的としているように感じられた。

それと言うのは、例えば無目的な焦燥感、鈍く熱に浮かされた思考、脈絡の無い連想など、ひたすらに自己の中に埋没し、他人との関わりを避け続け自らの内的世界を構築した人間が陥る袋小路を、そのままに小説化したようなと言うところか。そう言う感覚を抱いた事がある人(まあ、ぶっちゃけた話、僕のことなんだけど)はこの感覚を理解できるのではないだろうか。その人たちに向けて書かれた作品であると考えれば、確かにこの作品の持つ感覚が伝わるものはあるのではないかな、と思う(作者がどこまで自覚的にやっているのかは分からないけれども)。すごく読者を選ぶ作品であり、およそ娯楽小説とは言いがたいと思うけど、それでもそう言う青春を過ごした人間としてはこの作品を見捨てる事は出来ないな。

これは、極めて個人的な体験が綴られている作品であり、それに共感出来なければ全然楽しめない作品ですな。お勧めはしませんが、僕は嫌いじゃないです。

続きが出ても買うつもりはありませんけど。

|

« 『平井骸惚此中ニ有リ 其参』読了 | トップページ | 『薔薇のマリアVer0 僕の蹉跌と再生の日々』 »

コメント

書影は記憶に残るのでとても助かっていたのですが~復活大希望であります。

投稿: もりも | 2005.05.04 20:24

>もりもさん

コメントありがとうございます。
ご要望通り、さっそく書影を復活させましたー(早すぎ)。

書影については、どこまで付ける意味があるのか良く分からなかったので、コメントは助かりました。やっぱり印象には大分差がでるものみたいですね。

投稿: 吉兆 | 2005.05.04 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/3962021

この記事へのトラックバック一覧です: 『黒白キューピッド』読了:

» 黒白キューピッド 簡易感想リンク集 [HentaiJapanimation4seasons]
 読んだ。感想書いた。告知した。  なんだろう、好きな作家がまた一人増えてしまった。  《学校を出よう》は一巻が一番いいに決まってんじゃン、というタイプには絶対おすすめ。  『ロクメンダイス、』には素直に憧れるけど、こっちには同じ物書きとして素直に嫉妬する。  で、前回に引き続いて簡易感想リンク集。あんまり口汚い感想ばかりなので一言コメントくらいつけたってバチはあたんめえ、と思ったけどめんどいのでやめました。小説読みみたいな顔をしたこの人たちの硬直した評価基準はなんなんだろう、と俺は思っ... [続きを読む]

受信: 2005.06.28 09:24

« 『平井骸惚此中ニ有リ 其参』読了 | トップページ | 『薔薇のマリアVer0 僕の蹉跌と再生の日々』 »