« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »

2005.05.21

『再生ボタン』読了

4344405587
再生ボタン』(福澤徹三/幻冬舎)を読了。なかなか面白かった。

作者のデビュー作を含むホラー短編集。勤め人の経験を生かした社会人の鬱々とした描写が特徴的な作風ですね。派手さは無いが丁寧な文章は嫌いじゃないけど、もうちょっと幻想を描写してくれると、個人的には嬉しかったかな。ただ、初期の作品のせいか、やや出来栄えにばらつきがあるように思ったのは残念だ。面白い作品は面白かった(当たり前だ)ので、それほど気にならないけど。しかし、何度でも言うがタイトルがな…。何が再生で、何がボタンだっつーの。どうしても語感が気にくわない。自分でも不思議だ。

以下各話感想。

「厠牡丹」
いきなりだが、あまり出来が良くない。、この話は、なんと言うか循環する構成になっているのだけど、夢と現実が切り替わる瞬間が、あまりにもあからさまに分かってしまうのが致命的。陰鬱で幻想に溢れた文章がよいのだがなあ。

「怪の再生」
これはまあまあ。学生達の語る怪談話が不条理でなかなか面白かったのだけど、それがもう一つ上のレベルの怪談で回収されるのが良かった。ただ最後のオチがな…。

「幻日」
旧表題作。うーん、面白いと言う以前に、僕にはこれを読む資格がなさそうだ。ピンと来ない。冒頭の、鬱屈した営業マンの絶望感は大変素晴らしかったのだけど、女と出会ってからの展開が、何が面白いのかわからない。何か読み落としているっぽい?

「骨」
あ、これは面白い。要するに怪談話なんだけど、霊の存在を匂わせるだけに留めているところが大変素晴らしい。偶然なのか、超常的な存在があるのかはっきりしないが故に、最後に明かされる「偶然」に背筋が凍る。

「釘」
面白いー。これはすごく良い。怪の存在なんて少しも匂わせないところがなおの事良い。ちょっと不思議な話が語られる前半と、とある事実に直面するラストが最高だ。なによりも怖いのは人間の心って事だよなあ。

「仏壇」
こ、これは上手いなあ。この短編集ではこれが一番好き。もう本当にオーソドックスな怪談なんだけど、読み手へのミスリードと真相が明かされるタイミングが絶妙。最後の最後でひっくり返される正統派な怪談だなあ。

「お迎え」
要するにリプレイだろ?と言っては駄目か。例によって循環する話なんだけど、やっぱり面白くない。循環話の場合、もっとメビウスの輪の捻じれ具合を読者に気が付かせないようにしないと駄目だと思うんだが…。

「冥路」
なんか面白いなこれ。ちょっと読みにくいけど、なんだかよくわからない酩酊感が味わえて僕は好きだな。これは文体の勝利かなあ。

「顔」
また循環かよ!作者は同じネタを使いすぎです。やっぱり面白く感じられないのも同じ。つか、僕は循環する怪談に対して思い入れが強すぎるのが原因なのかも知れないなあ。

「廃屋」
悪くないかな。やっぱり中年社会人の鬱屈が語られている場面が最高。読んでいるとこっちまで陰鬱で絶望的な気分になってくる。体調の悪い時に読むのは危険だ…。その現実から逃れようとしてどうしようもない幻想に囚われてしまうラストが怖い。何より救われないのは、その悪夢が現実だって事なんだよな。

|

« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/4215882

この記事へのトラックバック一覧です: 『再生ボタン』読了:

« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »