« 『絶望系 閉じられた世界』読了 | トップページ | 『我が家のお稲荷さま。(4)』読了 »

2005.04.10

『ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス』読了

31511607
ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス』(上遠野浩平/電撃文庫)(amazon)を読み終えました。物語は収束に向かっているのか、それとも拡散しているのか良く分からないが、面白いから問題ないかな。

ブギーポップの2年ぶりの新作。
ブギーポップに復讐する――その動機のみで行動する少年、蒼井秋良は、同じ料理学校の織機綺とともに”牙の痕”と呼ばれる場所へ向かう。統和機構に所属するリミット―雨宮美津子は蒼井秋良を利用し”牙の痕”の秘密を統和機構に内密で解き明かそうとしていた。世界に自分の居場所がどこにも無いと感じている”メビウス”が”牙の痕”へ「帰る」時、目的を失った意志が動き始める…。

あらすじでちょっとハッタリをかましてみましたが、大体こんな話。織機綺の久しぶりの登場に、リセットの双子の姉が出てきたりとまた新キャラが出てきたりと相変わらず大変なことになっています。戯言シリーズなんて目じゃねえぜ!…人物表が欲しいな…。

”迷いが無い”ゆえに強く、同時に脆さをもつ蒼井秋良と、”常に迷っている”ゆえに弱く、ある意味において強い織機綺のコンビで展開する話なのだが、今回は虚空牙がらみのお話。4つの隕石のうちの一つが落ちた”牙の痕”からの脱出行とその周りで暗躍する人たちの話で、それに主人公達の心の動きがテーマに結びついているあたりさすがの上遠野。上手い。物語としては全然終わっていないが、二人の感情が一応の結末を見せることできちんとカタルシスを与えている。でも、それだって全然決着なんてついていないんだけど、自分自身との決着なんてものは、本来一生ものの命題であるのでわざとらしい結論をつけてしまっては興ざめなので、これで良いんじゃないかなー。

ところで「目撃したのに、誰も認識できなかった」ってのはやっぱり『ソウル・ドロップの幽体研究』のペーパーカットなんでしょうかねえ。あれも虚空牙がらみの話になるのか。今回で3つ目になるわけで、残り一つがどのように物語りに関わってくるのか。ここまで来たら出てこないわけも無いな。

ますます状況は錯綜し、物語的には何一つ解決していない混沌を見せているけど(新刊が出るたびに新たな問題が先送りになっているような…)一体どうやって落とすつもりなのか。個人的にはすべては水乃星透子に繋がるんじゃないかと思うのだが、それはまあ良いか。

続きは何時だ?(重要)。

|

« 『絶望系 閉じられた世界』読了 | トップページ | 『我が家のお稲荷さま。(4)』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/3646683

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス』読了:

« 『絶望系 閉じられた世界』読了 | トップページ | 『我が家のお稲荷さま。(4)』読了 »