« 『ファントムの夜明け』読了 | トップページ | 『光射す海』読了 »

2005.04.13

『絶望系 閉じられた世界』感想の続き

『絶望系 閉じられた世界』の感想を色々見ているのだが、軒並みボロクソに言われているようだ。まあ、確かに一般受けは全然しない作品かも知れないのだからしょうがないのだが、なんだかもの凄く悔しかったのでここに宣言する。

『絶望系 閉じられた世界』は最高だ!超面白い!

と言うかですね、この作品を読んで、キャラクターに魅力が無いだのつっこむ事自体が間違いなんですよ!もともとこの作品における登場人物たちというのは、それぞれが代表される立場からなる主張を行うだけの象徴に過ぎないわけで、そこに面白さがあるわけが無いと思うんですがねえ。言ってみれば作者の脳内議論小説ともいえるのかも知れませんね。ただ、「登場人物たちの主張」=「作者の主張」かと言えばもちろんそんなわきゃ無く、あくまでも思考実験みたいなものではないかと思われます。それぞれの主張が繰りかえされることによって生じる不協和音が非常にスリリング。何時崩壊するかわからない綱渡りのような議論がたまらねえ。

あーちょっとすっきり。

|

« 『ファントムの夜明け』読了 | トップページ | 『光射す海』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/3690378

この記事へのトラックバック一覧です: 『絶望系 閉じられた世界』感想の続き:

» 「閉じられた世界」について語らせろ!! [カフェイン中毒]
これは実に面白い!!賛否両論。むしろ否定が多いが、私は大絶賛をしたい。あえて言おう「傑作」であるかもしれないと。別に死神や天使がエロトークをしようが関係ないんですよ。何が素晴らしいって、狂ったカミナの思考。言ってみればすべてが「言葉遊び」に過ぎない。だ...... [続きを読む]

受信: 2005.05.07 03:38

» 自閉世界 [ラノベ365日]
『絶望系 閉じられた世界』 谷川流 電撃文庫 【この世にはうんざりすることが多すぎる。例えば八月なのにやたら涼しいとか、見知らぬ男女がいきなり自分の部屋にいて、勝手な議論ばかり言ってて、何を言っても出ていきゃしないとか、それが天使と悪魔と死神と幽霊だっ..... [続きを読む]

受信: 2005.05.25 10:20

« 『ファントムの夜明け』読了 | トップページ | 『光射す海』読了 »