« 昨日と本日の購入物 | トップページ | 『平井骸惚此中ニ有リ』読了 »

2005.04.23

『夏祭りに妖狐は踊れ』読了

4757722508
夏祭りに妖狐は踊れ』(飛田甲/ファミ通文庫)を読み終わった。前作の内容を大分忘れているな…。

論理的な思考を何よりも優先する真也と”未来視”の能力を持つ優希が通う高校で、狐の呪いが降りかかると言われる不幸の手紙が流行りだした。友人の赤城とその荒廃である涼子は、自らが調べている鎮守祭についての由縁と狐の呪いとにかかわりがあることを知る。真也の前にも狐の怪異が現れて…という青春ミステリー。

このシリーズ、ファミ通文庫で書いているのが不思議なくらいのバリバリライトノベルミステリ。講談社で書いていてもあんまり違和感が無いような気がするな。エンターブレインが角川傘下に入った今だったら、間違いなく富士見ミステリー文庫でデビューしていたんだろーな。。

超能力や幽霊など超常現象が存在する世界の中で、論理的思考によって事件を解決する主人公の真也くんは、まったく見事なまでに名探偵ぶりである。しかし、彼は謎を解くだけではなくて、解体した事実を元に悲劇を回避するために行動するところからすると、名探偵というよりヒーローなのかも知れない(本人の意向はともかく)。

今回は、どちらかと言えば真也の友人である赤城とその後輩である涼子にスポットが当たっている。論理的思考を最上位においている真也に比べると、分からないことは分からないままにしておく赤城は、大分ファジイな思考の持ち主と言えるだろう。真也はデータが揃わなければ決断を下す事は出来ないのに対して、赤城はけっこうフットワークも軽く行動的な印象ですね。うーむ、挿絵のイメージからは正反対だな。

それはさておき、前作に比べると主要な視点人物が、真也、優希だけでなく、赤城と涼子にも割り振られているのでちょっと散漫な印象を受けてしまった。真也と優希のすれ違いを描きつつ赤城と涼子のやり取りも描いていて、ちょっと欲張りすぎですよ!いっそのこと、赤城と涼子を主人公に絞っても良かったのではないかなあ、なんて事を思ってしまった。しかし、ミステリとして謎解きを進めながら、そこに青春物のフォーマットをぶち込む手腕はなかなか良いと思う。登場人物たちが論理的で感情に流されないせいもあってか、どこか冷静な展開になっているのは好みの別れるところだろうか。みんな頭が良くて大人だから、少なくとも連ドラのような修羅場にはなりそうも無い面子であります。でもこういう高校生がいたっていいじゃん、なあ?

ところで今回の謎解きには前作までの知識が要求されるのだけど、前作のトリックの理論を忘れてしまったので参ってしまった。まあ読んでいるうちに思い出したけど。というわけなので、この作品を読む時は前作を必読だと思いました。

|

« 昨日と本日の購入物 | トップページ | 『平井骸惚此中ニ有リ』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/3826277

この記事へのトラックバック一覧です: 『夏祭りに妖狐は踊れ』読了:

« 昨日と本日の購入物 | トップページ | 『平井骸惚此中ニ有リ』読了 »