« 『エウレカセブン ブルースカイ・フィッシュ』を見た。 | トップページ | 本日の購入物 »

2005.04.26

『平井骸惚此中ニ有リ 其弐』読了

482916252X
平井骸惚此中ニ有リ 其弐』(田代裕彦/富士見ミステリ文庫)の感想です。ますますツンデレ具合がヒートアップしておる…。同時に撥子(はつこ)嬢のかわいらしさもバーストしており大変なことに。富士ミス的にもなかなかのものですな(偉そう)。

骸惚先生の担当編集者、朱音嬢の誘いに乗って平井一家+居候は山深い洋館に避暑へやってくる。ところで世の中はそうそう美味い話は転がっておらず、そこには跡目争いで険悪な華族、日下家兄弟がいた。日下家長男、直明氏により「私は命を狙はれている」という封書を受け取った事を皮切りに、一人また一人と命を失っていく日下家の跡取たち。怯える涼嬢と撥子嬢の前に、師の反対にもめげずに事件解決を目指す太一であったが…。

今回は嵐の中のホテル編。なんとまあ、お約束の舞台であることか。ここまでお約束の舞台でミステリをやるなんて、正統派ここに極まれるという感じだ。古き良き探偵小説への愛が溢れておりますなあ(実際のところは知らないけど)。

まあ事件そのものについては、前巻でもそうだったけど小粒といっても良いかもしれません。しかし、読者の思考の裏を書こうとする作者の意図が良くわかって楽しいなあ。色々考えては見るものの、どうも決め手が無いな~と思いつつ、解決編の直前で重大なヒントがッ!ってところでたちどころに理解できたのは、やはり伏線の貼り方がうまいのかな。重厚長大なミステリ作品が多い中、これほどの軽さを保ちながらきちんと意外性も確保しているあたり、実はけっこう希少価値のあるシリーズかも。ついでにLOVEもあるんだから対したものですな。

相変わらず人間臭い探偵役であるところの平井骸惚先生も、良いパパであり当たり前の人間である描写をきちんとしているのは良いところだと思う。時々語りだす骸惚先生の思想もなかなかバランス感覚に優れていて共感できる(独りよがりの思想ではない)。犯罪者を見つける事には興味は無いと言い切るあたりは、やっぱり京極夏彦の影響でしょうか。細かいところが好みなんですよね。

というわけで次は其参の感想です。

|

« 『エウレカセブン ブルースカイ・フィッシュ』を見た。 | トップページ | 本日の購入物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/3869976

この記事へのトラックバック一覧です: 『平井骸惚此中ニ有リ 其弐』読了:

« 『エウレカセブン ブルースカイ・フィッシュ』を見た。 | トップページ | 本日の購入物 »