« 本日の購入物 | トップページ | 『ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス』読了 »

2005.04.10

『絶望系 閉じられた世界』読了

31511609
絶望系 閉じられた世界』(谷川流/電撃文庫)(amazon)読了。感想を書けるほどに自分の中でまとまっていないので、以下電波文を垂れ流し。時間の無駄をしたくない人は読まないで下さい(なら書くなよ)。

非常に面白かった。ただし、萌えとかライトノベル的設定に対する身も蓋も無い書き方をしているので小説としてはどうしようもない気もする。

杵築の友人、健吾の部屋に、”天使”と”悪魔”と”死神”と”幽霊”がやって来た。幼馴染の少女は連続殺人犯だった。その妹は既に壊れていた。この世界はすべてが狂っており、狂っている事にも気が付いていない人々がおり、杵築はそれらをすべて傍観し続ける…という話(だと思う)。

普段、谷川流がやっている事を、さらに身も蓋も無く、ある意味わかりやすくした話といえるかもしれない。世界に対する曖昧な不安感、書き割りめいた(人工的に感じる)世界に対する違和感などを、本当にそのまま登場人物に語らせているあたり、確かに実験小説と言っても良いかも。

”萌え”とか”ストーリー”とかを事象の彼方に投げ捨てて、ただひたすらに空虚なライトノベル論が繰り広げられるのも、谷川流の思考の一つであると考えると興味深い。作者にとっては、通常ライトノベルの”お約束”とされているものをすべて「装置」と位置付けており、そんなものは小説家が使うツールのようなものと(少なくとも作品内では)位置付けられている。”萌え”も一定の方程式に基づいて導き出される”答え”に過ぎず、条件を入力すれば、あたかもデータベースのように”萌えキャラ”が出力されると言っているようだ(まあ、こんなことは、青臭いと言えばこれほど青臭い発言と言えなくも無いのだが、ライトノベルの不毛さを知るにつけ、このように言いたくなる気持ちも分からないではない)。谷川流の考えはどうであれ、ここで重要なのは、このように作品内で語らせることによって、「この話は”小説”ではありませんよ」と言っているのだと思う。装飾はなし、ってことかな。

で、やっている事というのは、たぶん、作品のバックボーンにはSF的、あるいは哲学的な流れがあるのだと思うけどそのあたりには詳しくないので触れないでおきます(僕の理解力は、精々ハルヒの1巻はラッセルなんじゃないかなーと思う程度)。ただまあ、僕の分かる範囲で理解したところは、現実の認識の不確かさ(正気と狂気の不可分)、人間の認識による世界の捕え方、現実の改変とは認識の改変、とか。なんとなく、同作者の『学校を出よう!』シリーズと雰囲気が似ているような気がしますね。とりわけ、世界に対する憎悪や無関心が散りばめられているあたり…というか、それを言い出したら全部同じか。キャラクター的にもいつもの谷川流だし(杵築とミワ(カミナ)の関係と言うのは、キョンとハルヒ、佳由季と真琴の関係に近いような気がする)。

僕は、作者の物語に対して突き放している姿勢が好きなので(基本的に谷川流はセカイに対する絶望しか書いていない)、こういう作品はむしろ望むところだ。というか、僕が谷川流の好きな所が全部つまっているとさえ思う。もっとも、僕はやたらと評判が悪い『学校を出よう!』の1巻が大好き!と言う人間なので、あまり参考にはならないかもしれないけどね。『学校を出よう!』は、主人公の、自らを取り巻く書き割りのような世界に対する嫌悪(と言うほど積極的ではないもの。絶望感?)と曖昧模糊とした現実感の無さをそのまま具現化させた小説だと思っていて、「自分は世界に対して何も及ぼせない」という無力感が大変グッドだと思う。『絶望系~』そんな感じの話なのかなあと思わんでもないような気がする(どっちだ)。

まあ、何だ。そう言う話だ。僕は大変面白かったが、他人には薦めるつもりはまったくありません。以上。


(内容とは何の関係も無い余談)
この作品を読んでいたら、「ひょっとしたら、今自分が見ている世界は全部自分の妄想に過ぎなくて、本当の自分と言うのは病院の一室でうわごとを言っているに過ぎないのではないか」という妄想を抱いた事を思い出した。世界は自分の認識の中にあり、人間に理解が出来る真実(現実)とは認識(妄想)でしかない…と言うような事を言っていた人がいたような。誰だったかな。これも妄想だったかもしれない。…本当に内容に関係ねえ。

<追記>
感想はこちらに続きます。

|

« 本日の購入物 | トップページ | 『ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/3642268

この記事へのトラックバック一覧です: 『絶望系 閉じられた世界』読了:

» 「閉じられた世界」について語らせろ!! [カフェイン中毒]
これは実に面白い!!賛否両論。むしろ否定が多いが、私は大絶賛をしたい。あえて言おう「傑作」であるかもしれないと。別に死神や天使がエロトークをしようが関係ないんですよ。何が素晴らしいって、狂ったカミナの思考。言ってみればすべてが「言葉遊び」に過ぎない。だ...... [続きを読む]

受信: 2005.05.07 03:35

» 絶望系 閉じられた世界 [取り扱い注意]
絶望系 閉じられた世界 電撃文庫 (1078)谷川 流メディアワークス 2005-04売り上げランキング : 4,206おすすめ平均面白いとは感じませんでした絶望する前に飽きちゃいました。淡々と始まり、淡々と進み、そして……Amazonで詳しく見る by G-Tools※読む前に、この作品を薦めてくれた読書好... [続きを読む]

受信: 2005.05.11 08:31

« 本日の購入物 | トップページ | 『ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス』読了 »