« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »

2005.03.17

『UMAハンター馬子―完全版 (1)(2)』読了

体調が悪いので簡単に。花粉症が…。

4150307806

4150307849
UMAハンター馬子―完全版 (1)(2)』(田中啓文/早川文庫JA)を読了しました…が。うーん…なんと言うかなあ…ちょっとこれはどうだろうなあと思わなくも無い。何が駄目かと言いますと…なんと普通に面白いんですよ(いいじゃん)。
まあ、冗談はともかくとして、本当に意外なことに(超失礼)、当たり前に面白くてびっくりしました。田中啓文といえば、壮大かつ緻密な物語を心底くだらないオチで台無しにするのが芸風だと思っていたのだが…。きちんと伝奇小説をしていると言ってもいいと思う(田中啓文にしてはだけど)。

お話としては、蘇我家馬子、イルカの芸人師弟が日本各地を巡りながら様々なUMAが巻き起こす事件に出くわすと言うのが基本。口うるさくてわがままでがめつくてド助平なオバハンである馬子のわがままにイルカが頭を抱えながら振り回される話でもある。どっちかと言えば、こっちの方が比重が大きいかも。

最初の方は、様々なUMAに関して作者の独自の解釈を行う真面目なUMA小説だったのですが、話が進むに連れて伝奇小説的な側面が強くなってきた感じです。まさか、最後の方ではウルトラマンになるとは思いませんでした。しかも、なんだか良い話になっているし…ありえん(いや、僕の読み方が間違っているのかもしれない)。

まあそれでもやっぱり田中啓文は田中啓文でした。どの作品にも、本当にしょーもないオチを付けてくれます。いつもよりは少ないけど、駄洒落の方も相変わらずで一安心と言ったところですねえ。しかも物語の謎解きと意外な真実にまで根深く駄洒落が結びついているあたり、本当に業が深すぎです。綿密に伏線を張り巡らせた結果がこれかよ…と唖然とする事は確実でありますねえ(褒めていますよ?)。

田中啓文の属性がすべて詰め込まれた感じの作品ですね。関西系こてこて伝奇小説とでも言うべきセンスはあまりにも独自路線過ぎてとても一般受けはしないとは思いますが、僕は大好きだ。至極まっとうに楽しめてしまったあたりも意外な収穫でした。

(それにしても、この人もともとライトノベル関係でデビューした人なんだけどなあ…明らかにデビューする場所を間違っていましたね…)

|

« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/3324037

この記事へのトラックバック一覧です: 『UMAハンター馬子―完全版 (1)(2)』読了:

« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »