« 『鬼哭街 鬼眼麗人』読了 | トップページ | 『バイトでウィザード(7) したがえわが宿命に、と少女は呟いた』 »

2005.03.05

『薔薇のマリアⅡ.壊れそうなきみを胸に抱いて』読了

薔薇のマリアⅡ.壊れそうなきみを胸に抱いて』(十文字青/角川スニーカー文庫)を読了。とても面白かった。

前作にて読者(主に僕)を熱狂させた期待の新人第2作目。前作では正統派ウィザードリィ調小説を書いて努力・勝利・友情(一部嘘)を描きその堅実な手腕には注目しておりました。しかし、そのあまりの堅実ぶりにまだまだ引き出しがありそうだ、と思ったのもつかの間、2作目にして早速その牙を見せ始めてきたという印象です。

オーソドックスな迷宮探索から打って変わって町での冒険が今回のメイン。ところがこの国というのが法も秩序もあったもんじゃない無政府国家であり、そこで生きる人々は当然の如く脛に傷を持つ者ばかり。そんな人間たちが集まる所は当然犯罪組織が横行する犯罪都市なわけです。そんなところで冒険といえば、裏の世界にかかわる事ばかりである。つまり、これは暗黒街小説なんですね。考えてみれば、いわゆるRPGで言う所の「パーティ」を「クラン(血族)」と言い表していたっけなあ…。既にこの時点で物語の方向性は決まっていたという事か。

拷問、レイプが横行し、善人が死んで悪人が生き延びるという結構ひどい話なんですが、主人公達の存在が作品の雰囲気を大分明るくしているような。ひねているくせに青臭いマリアローズがどこまでその主張を貫きとおせるかがこの作品のテーマになる、のかな?今回はかなりひどいところで終わっているので、今後の展開が気になります。今回のようなマフィアの抗争(まあ、片方は自警団だが)ストーリーで行くんだろうか…。

ただ、雑誌連載分を読む事が前提になっているのはちょっとどうかと思った。アジアンなんて文庫だけ読んでいたんじゃ、いったい誰?ってな感じですよ…。

ところで、ベアトリーチェの服がブレザーの制服にしか見えないんですが…これ、ひょっとして普段着なんでしょうか…。

|

« 『鬼哭街 鬼眼麗人』読了 | トップページ | 『バイトでウィザード(7) したがえわが宿命に、と少女は呟いた』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/3181361

この記事へのトラックバック一覧です: 『薔薇のマリアⅡ.壊れそうなきみを胸に抱いて』読了:

« 『鬼哭街 鬼眼麗人』読了 | トップページ | 『バイトでウィザード(7) したがえわが宿命に、と少女は呟いた』 »