« 『撲殺天使ドクロちゃん(5)』読了 | トップページ | 今日一番びっくりした事 »

2005.03.13

『リリアとトレイズⅠ そして二人は旅行へ行った(上)』読了

4840229937
リリアとトレイズ(1) そして二人は旅行へ行った(上)』(時雨沢恵一/電撃文庫)を読了しました。表紙のセンスが素晴らしい。タイトルから白縁の部分、ついでに帯まで含めて一枚の絵のようだ。

古き良き少年少女の冒険小説を思い起こさせるシリーズも、登場人物を一新しての再開です。作品としての雰囲気は全然変わっていないのは長所か短所か。主人公達の人間関係図は大分変わってはいますね。主人公二人の力関係が大分違うというのは物語上大きいかと。

物語の基本となるのは、陰謀に巻きこまれた少年と少女が、お互いに力をあわせてなんとか立ち向かっていくという正統派なジュブナイル。冒険を通じて主人公たちの関係にも影響を与えていく展開など本当に正統派。宮崎アニメなどを思い起こすと分かりやすいかも知れません。ただ、前シリーズと比べると主人公二人の両親の社会的影響力が段違いなので、そのあたりどう展開させていくのか気にならないでもありませんが…主人公そっちのけで旧世代が(と言っても現役の年齢ですが)がんばってはタイトルが泣くというものだ。もちろん、そのあたりは後半で明らかになるでしょう。

ところで、リリアの性格は、本当にアリソンそっくりですねえ…。ただ、ズボラでマイペースな母親を見て育っているので、それを反面教師としているせいかアリソンに比べると常識的な印象も無いではないかな。きちんとトレイズの言う事も聞くし(文句はたらたらであっても)。一方トレイズはなんとも捕えどころの無い感じ。基本的にリリアラブなのだけど、普段の軽い言動と態度のせいでまるで気が付いてもらえない。で、ヘコむのだけど、しかし、自分がヘコんだところなど絶対にリリアには見せられないとばかりに意地を張るのでますます気が付いてもらえないという。ウブな少年よのー。

この二人が喧嘩したり仲良くなったりしながら冒険するという内容…になっていくのだろう。どこか童話調の御伽噺めいた雰囲気も大変素晴らしく、最初にも書いたけど、アリソンで好きだった雰囲気はまったく消えていないので個人的には一安心という所。続きを素直に待つことにしようと思う。

実は読んでいる最中、この作品が上下巻ということに気が付いていないくて、ラスト近くになってから初めて一冊で終わらないという事に気が付いた粗忽ものな吉兆でした。

|

« 『撲殺天使ドクロちゃん(5)』読了 | トップページ | 今日一番びっくりした事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/3283498

この記事へのトラックバック一覧です: 『リリアとトレイズⅠ そして二人は旅行へ行った(上)』読了:

« 『撲殺天使ドクロちゃん(5)』読了 | トップページ | 今日一番びっくりした事 »