« 『ちーちゃんは悠久の向こう』読了 | トップページ | 本日の購入物 »

2005.02.27

『鏡姉妹の飛ぶ教室 <鏡家サーガ 例外編>』読了

鏡姉妹の飛ぶ教室 <鏡家サーガ 例外編>(』佐藤友哉/講談社)読了。本当は大分前に読み終わっていたんだけどね。

もともとWeb連載されていた作品の製本化です。僕は連載をずっと読んでいたので再読といえば再読であります。

佐藤友哉の長編としては、『クリスマステロル』以来となるので、佐藤友哉ファンとしてはようやくというか待望のという形容詞を付けたくなる作品。今までの作品に比べると驚くほどエンターテインメント性が高くなっており、読んでいて普通に面白いです。西尾維新のパクリとか言うな(でも実は僕もそう思う)。

そういえばどっかのインタビューで、連載ということで少年漫画的な面白さを追求するために『予想外の展開』を毎回盛り込んだと言っていたので多少普段の内容とは異なっているのでしょうね。例外編だし。しかし、その副作用で毎回凄い引きをしてしまったため辻褄が合わなくなって後半ぐちゃぐちゃな展開になったのには、むしろ「ああ、いつものユヤタンだ…』と安心しました。これが無くっちゃな。

話は変わるけど今回は何時にも増してキャラクターが薄っぺらい。作者によって役割を与えられた駒としてのキャラクターが一面的な自分の意見(主張)をひたすらに繰り返しています。しかし、それが悪いというわけでなく、むしろその単純な主張がぶつかり合い摩擦を起こす事で事件その物全体に、何か一つの作者の意図が見えてくるように感じた。混沌としていて、作者自身も無意識にやっているのだろうと感じるのだが、単なるエンターテインメントを越えて作品全体から立ち上ってくる『何か』こそが佐藤友哉にあって西尾維新に無いものだと思う。

やっぱり佐藤友哉は長編が面白いという事を再確認した一作でした。

|

« 『ちーちゃんは悠久の向こう』読了 | トップページ | 本日の購入物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/3104795

この記事へのトラックバック一覧です: 『鏡姉妹の飛ぶ教室 <鏡家サーガ 例外編>』読了:

« 『ちーちゃんは悠久の向こう』読了 | トップページ | 本日の購入物 »