« 本日…つーか正確には昨日の購入物 | トップページ | 『鏡姉妹の飛ぶ教室 <鏡家サーガ 例外編>』読了 »

2005.02.27

『ちーちゃんは悠久の向こう』読了

いい加減、感想を書きたい本が貯まり過ぎなので短めに行こうと思う。
ちーちゃんは悠久の向こう』(日日日/新風舎文庫)を読了。こりゃすっげえなあ!

先日読了した『私の優しくない先輩』を読んだ時は、上手いな、という印象を受けたのと同時に、別にこのタイプの作品を書く作家はいくらでもいるよなあ…と言った感じもしたんですが(失礼)、この作品では日日日氏の作家としての凄みを感じさせてもらいました。確かに、こんな作品を書ける(もしくは書けてしまう)のでは、作家になるしか他に方法は無いよなあ…。

完全に騙された。
ライトノベル的なキャラクター描写の上手さと、根底に流れる陰鬱で絶望的な何かが、非常に深く融合した稀有な作品。ポップで変なドライブが懸かった文章は、実のところとても計算されている感じがしてとても読みやすく面白い。キャラクターの立ち方も上手く、ぶっちゃけた話『萌え』も無いではない。しかし、それらのピースを用いて構築されるのが、どうしようもないほどの「暗黒」であるというのは、一体なんなんだ。

文体やキャラクターの作り方は、どこか西尾維新や滝本竜彦を思わせ、世界の暗黒の描き方は乙一を思い起こさせる。しかし、それら先輩作家達とは作品に対する突き放し方の点で明らかな違いがある。その突き放し方は、もはや作者の悪意と言っても良いかもしれない。その悪意は、読者に向けられたものもあるのかもしれないが、同時に、書いている作者にすら向けられた皮肉でもあって、それが表面的な軽妙さと相まって非常に重たい衝撃を受けた。

なんちゅーか……この作品は「最悪」だ(これは褒めている)。繰り返すが、こんな最悪な作品を書けてしまう土壌を持った精神では、そりゃ作家になるしかねーよ。

この作者の本は、当分の間デフォルトで購入する事を自分への決定事項と致します。

|

« 本日…つーか正確には昨日の購入物 | トップページ | 『鏡姉妹の飛ぶ教室 <鏡家サーガ 例外編>』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/3081913

この記事へのトラックバック一覧です: 『ちーちゃんは悠久の向こう』読了:

» ちーちゃんは悠久の向こう [空と海の狭間                        -horizon-]
2004年の小説新人大賞で4冠を達成した日日日(「あきら」と読みます)のデビュー作。 うーむ天才と呼ばれているだけあってかなり良い作品ですな。読者を物語に引き... [続きを読む]

受信: 2005.03.09 02:19

« 本日…つーか正確には昨日の購入物 | トップページ | 『鏡姉妹の飛ぶ教室 <鏡家サーガ 例外編>』読了 »