« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »

2005.02.16

「キリサキ」、読了

キリサキ」(田代裕彦)を読了。とても楽しんで読めてしまった。

内容を一言で言えば、『壊れた人間系ミステリ富士ミス版』ですね。
富士身ミステリー文庫にしては(という言い方は我ながら酷いと思うが、既にミステリですらない作品を平気で出版しているあたり、根拠の無い発言ではないと思っている。ただ、不愉快に感じた方が居たらごめんなさい)きちんとミステリをしていて良いのでは無いでしょうか。なんて偉そうな発言をしていますが、ものの見事に騙されてしまった吉兆です。読み返してみればきちんと伏線が張られているので、真面目なミステリ読みの人には笑止なトリックなのかもしれませんが、きちんと論理的であり(またその論理が事前に説明されている事も含めて)読み終えた後にも納得の結末でありました。

ミステリ的な側面についてはそれくらいにして、『富士ミス』的な観点から見てみても、これがまたなかなか面白い。主人公の"俺"は一度死に、まだ寿命が残っているという"案内人(ナヴィ)"の提案に乗っかる形で蘇る。しかし、蘇った先は"俺"ではなく、『霧崎いづみ』という少女の体だった…という体入れ替わりものです。漫画などに良くある設定ですね。

精神が男でありがながら肉体的には完全な少女という設定は、どうも背徳的というか禁忌っぽい感じがあって良い(変態め…)。もっとも、この主人公は少女の体に対して極めて淡白で、簡単に受け入れてしまっている所がやや残念と言った所。もうちょっと、女性の体になってのドギマギするシーンとか入れてくれてもいいんじゃないかな!ないかな!(……)

まあそれはそれとしても、外見は楚々とした美少女を装って男を篭絡する主人公の姿は、なんちゅーか、中身なんてどうでもいいー!と思わなくもない感じ。むしろ、男の願望を知り尽くした"俺"の繰り出す媚は逆にエロスと言って過言ではないでしょう。無防備さがたまらん(しかし、我ながら不毛だとは思う…)。
LOVEも(一応)入っていて、恋人というよりは共犯者な関係は、これはこれで良いのではないでしょうか。

個人的には、文章がちょっとひっかった(ぶっちゃけあまり上手くない。他人のことは言えないが)のだが…まあ我慢出来ないほどじゃない。『富士ミス』好きの方なら読んでみて損はしないかと思います(そもそも、富士ミス人口がどれくらい居るのか不明なんだけどね…)。

|

« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »

コメント

この話、『はさみ男』とかなり似ているというのは僕だけが感じた事じゃなかったのか…。

独り言です。

投稿: 吉兆 | 2005.02.17 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/2954321

この記事へのトラックバック一覧です: 「キリサキ」、読了:

« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »