« 「ひかりのまち nerim's note」、読了 | トップページ | 「私立三十三間堂学院」、読了 »

2005.02.12

「奇跡の表現」、読了

奇蹟の表現」(結城充考)を読了した。悪くない。

タイトルを間違えて表記していた事に気が付いた。直しとこう。
電撃小説大賞銀賞受賞作。
一言で言ってしまえば、人生に挫折した男の再生劇。ヤクザ映画、あるいはハードボイルドの影響あり、といったところだろうか。男が少女と出会った時、再現される過去を打ち砕くため男は走るという話。

個人的には、こういうシンプルな話は、もうちょっと細かいエピソードを追加した方が好みなんだけど、その辺は趣味の問題かな。

心に傷を受けた少女は、神様(奇蹟)にすがるしかなく、男はそのひたむきな祈りを無意味にしないために意地を張る。不器用な男の不器用な表現。そう言う話なんだろう。

色々映画を意識した表現が強いように感じた。最後のイラストなど(ちょっとびっくりした)、いかにも映画という感じだ。

しかし、こういうシンプルな話は感想が書きにくいなあ…。

|

« 「ひかりのまち nerim's note」、読了 | トップページ | 「私立三十三間堂学院」、読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/2888628

この記事へのトラックバック一覧です: 「奇跡の表現」、読了:

« 「ひかりのまち nerim's note」、読了 | トップページ | 「私立三十三間堂学院」、読了 »