« 本日の購入物 | トップページ | 「食卓にビールを(3)」、読了 »

2005.02.10

「ソウル・アンダーテイカー」、読了

ソウル・アンダーテイカー」(中村恵里加)を読了。中村恵里加はヤバイ。やばすぎる。こんな危険な作品を書くとは。驚愕のあまり二回も読んでしまった。

正直に言って、この作品は売れないだろうなあと思わざる得ない。およそ、感情移入と呼ばれるものを完璧に拒否した主人公、カタルシスや起伏に乏しい展開といい、まったくエンターテインメントをしていない。それどころか作品全体を覆うのは、人間に対する冷たく皮肉に満ちた、そして露骨なまでの悪意のトーンだ。中村恵里加の作品は、「ダブルブリッド」もそうだったが、基本的に『人間は決して分かり合うことが出来ない』というスタンスがある。人間は、生きているだけで、お互いの大切なものを踏みにじりあっているのだ、という苛立ちがあるように感じられる。

この作品もまたそのスタンスに則ったもので、ある意味においてはそれをさらに先鋭化したものと言えなくも無い。もっとも、作品自体はありがちとさえいえる設定である。人の死後、エーテルと呼ばれるものが残留し、それが人の思念と結びついて生まれる『さ迷える羊』。それを狩る者たちを『ソウル・アンダーテイカー』、すなわち、魂の葬儀屋と呼ぶ。この話は、人に仇為す羊達と戦うものたちの物語、と言ってしまってかまわないだろう。そういった細部については、よくある『退魔物』とよばれるジャンルであるに過ぎない。だが、この作品の特異な点は、主人公の比呂緒(ひろお)にあると思う。彼女の存在が、この作品をなんとも不安定な物していると感じる。

彼女はまったく現代社会に適応出来ていない。およそ今の社会での基準で捕えれば、まったくの『無価値』ですらある。他人の出来る事が彼女には出来ず、他人が価値を見出すものは彼女にとっては無意味で、彼女が宝石のように大切にするものは、他人にとっては路傍の石と変わらない。そうして、あらゆる人間から『馬鹿』と罵られ、殴られ、侮蔑される比呂緒は、しかし、作品中の言葉を借りれば『怒らず、焦らず、悲しまず、寂しがらず、恐れず、恨まず』、ただ笑うだけだ。いつもぼんやりと笑い続ける比呂緒に、人々は理解を拒絶し遠ざける。恐れ、苛立ち、嫌悪。それらをぶつけられながら、なお比呂緒は笑う。そして静かに泣く。

本当は彼女以外の人々が思うように、彼女が『馬鹿』であるわけではない。ただ、彼女の話す言葉と見る世界と行動する意識が、他の人と違っているに過ぎないのだろう。彼女にとって、学校に行くことよりも、空を眺めて入る方が快く、人々が無自覚に踏みにじる蟻の群れをそっと見守る事の方が重要な事なのだ。

誰にも理解されない比呂緒は、ただ誰かのためだけに生きている。誰にも必要とされない比呂緒は、誰にも振り返られない今にも消えてしまいそうな声に耳を傾ける。『助けてと言われたから。そして自分に助けられる力があるから』それだけで容易く自分を命を賭けてしまう。『人間にはできることとできない事がある。できる事があって、それが自分のやりたい事なら、やればいいのだ』。助けてといわれた。そしてそれ以外には何の理由も無く、彼女は助ける。誰にも理解される事もなく、誰にも理解される事を望まず、ただ為すべき事のみを為す。これは、おそらく『英雄』の物語なのだと思う。なんとなく、テーマ的に『Fate/stay night』に似通ったものを感じた。

おそらくは、この先比呂緒に待ち受けているのは、悲劇しかありえないだろう。どれだけ人を助けたとしても、ある意味において完璧に『壊れて』しまっている彼女にとって自分の幸福なんてものは考える事も出来ず、どこまでも救われない。彼女は、物語が進むに連れて多くの人を助けるだろうが、果たして自分自身を救う事が出来るのか。

今後の展開に注目したい。

|

« 本日の購入物 | トップページ | 「食卓にビールを(3)」、読了 »

コメント

おおー、なんか自分の好きな六田登の「F」に似てて良さげ、って感じ。

投稿: みしまっち | 2005.02.11 00:53

え…?「F」ってそんな話だっけ…。いや、昔ちょっと読んだだけだから知らないだけかもしれないけど…。

つーか、こんな煽り文にコメントを下さってありがとうございます。

投稿: 吉兆 | 2005.02.11 08:44

いいの。あくまで「似てる」ってところだから。

しかし

>『人間にはできることとできない事がある。できる事があって、それが自分のやりたい事なら、やればいいのだ』

できることがあっても、それが自分のやりたくないことだった場合は、なんか別の物語が始まりそうだ(w

投稿: みしまっち | 2005.02.11 23:29

それはそれで一つのドラマでしょうね。

出来るけどやりたくないというのは『義務』。出来ないけれどやりたい事は『夢』という言葉で表せるような気がします。

投稿: 吉兆 | 2005.02.12 12:58

私はアンダーテイカーとっても読んでいて面白しろかったんで、こんなこと言わないで欲しいです。
もし、そう思ったとしても、書きかたがあると思うんですが…

投稿: | 2013.11.04 20:07

意見はもう少し明確に。

「こんなこと」とは何か?「そう思った」となにか?自分の意見を述べる時は、最低限、何を主張したいのかをまとめて下さい。

今のままでは「何を」「どうすればいいのか」さえわかりません。

投稿: 吉兆 | 2013.11.04 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/2876589

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソウル・アンダーテイカー」、読了:

« 本日の購入物 | トップページ | 「食卓にビールを(3)」、読了 »