« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »

2005.01.14

「禁涙境事件」、読了

禁涙境事件」を読了しました。

んー…なんか書くことが思いつかないな。けっこう面白かった。以上…ってわけにもいかないか。

とりあえず、これはミステリじゃないよな。何しろ事件の解決の仕方が、もはや「上遠野理論」とでも言うべき代物で、作者意外に理解の出来る解決ではありません。もはや謎が謎として機能していませんねえ…。ま、上遠野浩平にミステリを期待するのはお門違いというものではあります。この作品は、ひたすら繰り出される上遠野節を堪能するのが正しい読み方なのでしょう。ラストシーンの「真犯人の動機」などはその最たるもので、まさに「考えるな、感じるんだ!」の世界ですね。
僕はけっこう感覚に引っかかったのでこの本は楽しめました。この感情の流れが理解できないと例えようも無く退屈な話になりかねないが…。

ふと思ったのですけど上遠野浩平の作品はすべてそう言うところがありますね。作品のストーリーや大枠はどこかで見たような設定で、実のところ目新しいことはぜんぜんやっていないです。また、細かいディティール(言語センスなど)などもかなり変てこで、お世辞にもかっこいいとは言えない。キャラクターも立っているんだかいないんだか分からない。

なのに、何故、彼の作品が面白いのか。それは、登場するキャラクター達がが持っている焦燥感、揺らぎに代表される「青臭さ」にあるのだと思うのでのです。そして、その青臭さに少しでも心がゆれ動かされる人にとっては忘れられない作品になるのではないでしょうか。

つまり、上遠野浩平をまったく楽しめなくなった時、それは精神がすっかり大人になりきってしまった、ということなのかも知れません。

僕は、まだまだ楽しめています(喜んでいいのだろうか…)。

|

« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/2574353

この記事へのトラックバック一覧です: 「禁涙境事件」、読了:

« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »