« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »

2005.01.13

「蒼穹のファフナー」、読了

えーノベライズじゃ読む意味ないかなあ…なんて思っててすまん!面白かった!!

というわけで「蒼穹のファフナー」(冲方丁)読了です。

内容は相変わらずの冲方丁ですね。少年少女たちの希望と絶望を描いた作品。こうして冲方小説として読んでみると、お話の設定やパーツはものの見事に冲方丁だという事を実感しますね。

それはそれとして、これアニメの原型を留めてないよ…。お話の大枠はそのまんまなのになあ…。
小説ではアニメの設定とキャラクターだけそのままで、設定の組み合わせのみを解体して新たに再構成を行っています。おかげで、アニメでは何の脈絡もなく瞬殺されるようなキャラクターでも重いドラマを背負い、死ぬまでに精一杯の勇気を振り絞って生き抜きます。その他、一騎の初めての戦いのテンションも桁外れで、同化を求めようとする敵「フェストゥム」に対して己の中に潜む自己嫌悪と無関心で拒否し、爆発する憎悪とともに自らの装甲を損壊させながら「削り潰し殺す」シーンなどあまりにもアニメと違いすぎて笑ってしまう。つくづくウブカタだなあ…(しみじみ)。

冲方丁が最初から脚本をやっていたらこういう風になっていたのかも…と妄想しちゃっても良いですか?

この本は、むしろアニメを見た人ほど読んで欲しいですね。ノベライズだから読まないというのはもったいないと思います。

関係ないけど、久しぶりに冲方丁の癖(真面目にドラマを書くと話がどんどん長くなってしまう)が出たなあ…。今回、一巻丸ごと使っているのに話が全然進んでいないよ(TVシリーズで言うなら2、3話目?)。

続きは出るのか、これ。

|

« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/2564524

この記事へのトラックバック一覧です: 「蒼穹のファフナー」、読了:

« 本日の購入物 | トップページ | 本日の購入物 »