« 今日の収穫 | トップページ | 「JINKI-人機」を読んだ »

2004.12.09

来た、見た、買った

昨日、今日と買ったもの

1、「ライトノベル☆めった切り!」 大森望/三村美衣 太田出版
2、「蝿の女」 牧野修 光文社
3、「生贄を抱く夜」 西澤保彦 講談社ノベルス
4、「JINKI-人機-コンプリートボックス」 綱島志朗 マッグガーデン
5、「バカの壁」 養老孟司 新潮新書
6、「自由とは何か 「自己責任論」から「理由無き殺人」まで」 佐伯啓思 講談社現代新書
7、「袋小路の休日」 小林信彦 講談社文芸文庫
8、「毒言独語」 山本夏彦 中公文庫
9、「ゲバラ日記」 チェ・ゲバラ 中公文庫

講談社っていろんなレーベルがあるのね…すごい会社だ。
1、は例によって例の奴。しかし、最近は(省略)。まあ、文学賞メッタ切り!のライトノベル版ですね。やっている人も同じだし、って大森望は読書範囲が広いなあ。それにしても、最初のページで「ライトノベルの定義」」をやっているのだけど、そうすると僕が好む本の多くはライトノベルではないことになってしまうという事が発覚しました。そーか、僕は似非ライトノベル読みだったのか…。
2、は牧野修の新刊。書き下ろしという事で、この間の「アシャワンの乙女たち」に引き続いての書き下ろし。牧野修が本を書いてくれるのはよいことです。この調子でコンスタントに書いてくれれば言う事はないですね。
3、西澤保彦の「チョーモンイン」シリーズの最新刊。えらい久しぶりだな、おい。2年ぶりか…長かったなあ。それはともかく、表紙の女の子は誰だ…?え、神余響子なの?
4、買ってしまいました。…実は「JINKI」って初めて読むのですが…。面白いという話はちょっぴり聞くし、なんとなく作品を包み込むオーラ(あるんです)が面白そうな感じがしたのですけど…いきなりBOX(3000円)で買ってしまう自分は相当に阿呆だと思います。これで面白くなかったらどーしよー…そしたら封印だな。
5、たまにはベストセラーに手を出してみる。何事も読んでみなくては、意見の一つも言え無いしね。今頃になって読み始めるのは、いかにも僕らしい(乗り遅れ…)。
6、これはまったくの予備知識無し。パラパラめくってみたところ、イラク人質問題の話があって、僕の感覚に近いものを感じたので買ってみた。「自己責任」という言葉の胡散臭さはずっと感じていたんだよね…。
7、8は突然美しい日本語が読みたくなって衝動的に購入。あらすじを読んでみると、どちらも面白そうな感じが伝わってくる。あー言葉の使い方が綺麗だなあ…癒されるー。
いや、最近酷いライトノベルを読んでしまったので…しばらく読みたくねえ…。
9、は最近映画にもなったチェ・ゲバラの日記。結局映画は見に行けてないなあ…。ビデオで出るまで待つか。

ストレスがたまるとつい本を買ってしまいます…。

|

« 今日の収穫 | トップページ | 「JINKI-人機」を読んだ »

コメント

そうか。結局「モーターサイクル・ダイアリーズ」観なかったんだ。
そんな君のために優しい俺様が教えてあげるよ!
え~っとね、(以下略)

投稿: みしまっち | 2004.12.11 05:23

わ~ありがと~


などと言う訳が無い。

投稿: 吉兆 | 2004.12.11 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/2212810

この記事へのトラックバック一覧です: 来た、見た、買った:

« 今日の収穫 | トップページ | 「JINKI-人機」を読んだ »