« 購入リスト | トップページ | 購入リスト »

2004.11.28

「空の中」読了

長い感想を書いている余裕が無いので、しばらく短めの感想が続きそうです。
「前言撤回」と「君子豹変す」を座右の銘にしているわたくしですから(ツッコミ禁止!つーかお願い)、突発的に長々と書き連ねてしまうかもしれませんが…まあ、僕の長文など世間様一般から見れば大した事はないですし(比較の問題ではない)。

それはそれとして、「空の中」を読みました。

結論を言ってしまえば、なかなか面白かったです。
メディアワークスなのにハードカバーというのは戦略的にはどうなんでしょうね。前にも書きましたけど、ライトノベルの認知度向上の一環なんでしょうか?

例えそうであったとしても、この「空の中」は、確かにキャラクター小説に馴染みの無い人でも楽しめる作品かもしれません。少年の成長物語と怪獣映画へのオマージュが織り成す青春小説といった風情。その割には少年の心理の移り変わりがあっさりと描写されているのが気にかかるところですが…。とは言え、それが作品の瑕になっているわけではないので些細な事ではあります。

ちなみに、きっちりとキャラクター小説の要素もあって、例えばとあるヒロインの描写は、いわゆるツンデレ描写が満載で、その筋の人にも好評です。たぶん。あと、実はこの作品、お爺ちゃん萌え小説でもあります。なんて格好よく、チャーミングな爺さんなんだ…。萌え(反論は許さんッ…)!。

…まあ、それはともかくとして。

内容全体を見ると、ちょっとバランスが悪いなーと思わないでもない。特に、航空サスペンス部分と、ライトノベル的要素を貪欲に取り入れてしまっている所為で、両者の間に乖離が生じているような気もします。
個人的な感覚ですが、さっきも書いたヒロイン描写は、他の部分にそーゆー「萌えキャラ立て」の仕掛けがない分(爺さんはたぶん天然)違和感を感じてしまった。たぶん、僕の中ではライトノベルとして読んでいなかったんだろーなー。

とは言え、それを抜きにしても楽しめたのは事実。安心して他人に薦められます。
ハードカバーなので高いのが難点ですけどねー…。

…ひょっとして、電撃文庫に文庫落ちするまで待つべきだったのかな。

|

« 購入リスト | トップページ | 購入リスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/1957701

この記事へのトラックバック一覧です: 「空の中」読了:

« 購入リスト | トップページ | 購入リスト »