« 部屋が片付かないなあ | トップページ | 購入リスト »

2004.11.01

ザ・スニーカー買いました

勿論、冲方丁目当てで。

と言うわけで、たぶん7年ぶりくらいでザスニーカーを買いました。
…しばらく買わないうちに、ずいぶん分厚くなっていますね。

何はともあれ、まずは冲方丁の「オレインシュピーゲル」を読んでみました。
いやー冲方さん、かなり本気ですね。一見、萌えエロ展開と思わせておいて、どうしようもなくグロイ話でした。
文体を少し変えてきたように思われます。リズムとノリを大事にした最初から最後までノンストップな文体で、なかなか悪くないと思う。一昔前の秋口ぎくるを思い起こさせるような文体ですが、密度はこっちの方が上かなあ(そういえば、秋口ぎくるがグループSNKに入社したらしいと言うのは本当だろうか?「ショットガン刑事」の続きは出ないのかなあ。閑話休題)。
冲方氏が、以前、スニーカーで書いていた短編だと、いつも問題提起だけで終わってしまって何にも解決しないケースが多かったのですけど、今回もそんな感じかも。だれも救われないくそったれな世界で、常に傷つけられる存在として生まれてきた少女達が、それでもなお、生き続けようとする物語。あー、「マルドゥック・スクランブル」のテーマをきちんと書き続けているのですね。今回は、「オレインシュピーゲル」(悪ふざけ)という言葉を取っ掛かりにして、絶望に対して精一杯の明るさで立ち向かおうとするひたむきさと儚さがあるようにも思います。

ま、僕の思い込みかもしれませんが(誤読は読者の権利です…とか言っておこう)。

ところで、大塚英志ってまだザ・スニーカーに連載持っているのかよ…。なんか弱みを握られているのか?スニーカー編集部。

|

« 部屋が片付かないなあ | トップページ | 購入リスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/1832594

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・スニーカー買いました:

« 部屋が片付かないなあ | トップページ | 購入リスト »