« ねみーよー | トップページ | 購入報告20041124 »

2004.11.21

「ライトノベル好きに「初めての○○」10の質問」に答えてみた

1、初めて読んだ角川スニーカー文庫作品は何ですか?
えーと…たぶん水野良の「ロードス島戦記」だったような気がする。もしかしたら、飛火野耀「イース1 失われた王国」の方が先かもしれないが…あ、これはスニーカー文庫じゃないのか。

2、初めて読んだ電撃文庫作品は何ですか?
たぶん「クリスタニア 漂流伝説(1)」だったような…ってまた水野良かッ!いや別に良いんだけど。
ふと、電撃文庫は創刊時から読んでいる事に、今気が付きました。

3、初めて読んだ富士見ファンタジア文庫作品は何ですか?
これは間違いなく、神坂一「スレイヤーズ!」
この作品のおかげでライトノベル(呼ばれるもの)にはまってしまった。その意味でも記念すべき作品。
ライトノベル史的には、重要な作品であったと言えるだろう…たぶん。

4、初めて読んだ富士見ミステリー文庫作品は何ですか?
あざの浩平「Dクラッカーズ 接触 -touch-」かな。むかーし、ドラマガで掲載されていたバージョンが好きだったんだが…。なんせ、主人公が麻薬漬けの悪魔使いの眼鏡っ子(男)だぜ?(いや最後のは関係ない)
ま、ミステリー文庫版も同じといえば同じだけど、ノリが明るくなっちゃっているからなあ…。まあ、嫌いじゃないけど。じゃあ言うなって?

5、初めて読んだファミ通文庫(ログアウト文庫)作品は何ですか?
ログアウト文庫まで遡るとこれしかない。古川日出男「砂の王―ウィザードリィ外伝II (1)」。ものっすっごい良い所で終わっている上に、続きが出なかったために(打ち切られたんじゃなかったかな…)、強烈な欲求不満を与えてくれた作品。渇望のあまり、本屋にあった本(富士見、電撃、スニーカー)をむさぼり読んでしまったほどである。金が無いので立ち読みで(馬鹿)。
ラノベに入ったキッカケは「スレイヤーズ!」だけど、今のようにジャンキーになってしまったのは、間違いなくこの作品の所為と思われる。
この渇望は、十数年後「アラビアの夜の種族」(古川日出男)を読むまで続く事になったのである…って遅いよ!!

6、初めて読んだ集英社スーパーダッシュ文庫(集英社スーパーファンタジー文庫)作品は何ですか?
スーパーファンタジーだと、丘野ゆうじ「星魔バスター」だったような。みょーにエロい描写が多くて子供には刺激が津強かったもんです。
…すいません、ガキの頃の自分はむっつりでした。

7、初めて読んだMF文庫J作品は何ですか?
なんだろう…?ああ、清水マリコ「嘘つきは妹にしておく」(素晴らしいタイトル…)だ。
現代ファンタジー(都市伝説系)のライトノベル版?けっこう特異なスタイルだよなー。

8、初めて読んだコバルト文庫作品は何ですか?
須賀しのぶ「流血女神伝 帝国の娘 (前)」。「キルゾーン」も読みたいのだが…見つからない…。
コバルトを読み始めたのは最近ですね。

9、初めて読んだティーンズハートorホワイトハート文庫作品は何ですか?
小野不由美「月の影 影の海」。十二国記シリーズですな。
高校の時、図書館で読んでひっくりかえるぐらい面白かった記憶がある。

10、初めて読んだライトノベル作品(ヤングアダルト/少女小説)のレーベルは何ですか?
やっぱり、角川スニーカー文庫かなあ…。

|

« ねみーよー | トップページ | 購入報告20041124 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/2009704

この記事へのトラックバック一覧です: 「ライトノベル好きに「初めての○○」10の質問」に答えてみた:

« ねみーよー | トップページ | 購入報告20041124 »