« 「グアルディア」読了。 | トップページ | 本日のブツ »

2004.09.02

本日の購入物

古川日出男の「ボディ・アンド・ソウル」がすごい。電車の中で読んでいて、思わず「うおお!」とか口走りそうになりました。やばいよ、この本。可笑しくて切なすぎるよ。
「警戒されている、僕の存在の耐えられなさが」とか。僕には、この感覚が手に取るように理解できる。


<本日の購入物>
1、「王妃の館 上・下」(浅田次郎、集英社、小説)
2、「ジョゼと虎と魚たち」(田辺聖子、集英社、小説)
3、「友情」(武者小路実篤、新潮社、小説)

今日はちんまりと。僕だって毎日山のように買うわけではない。…まあこれだけ買えば十分という気もするが。
1はなんとなく浅田次郎が読みたくなったので。理由になっていない?いいのです。読みたくなった時が買い時なのです。ぼくの中のイメージに、浅田次郎って言うのは「小説が上手い作家」という認識があって、隙無く創られたプロの作品が読みたくなった時に買うことがありますね。タイプとしては秋山瑞人みたいな(あくまでラノベで例えるラノベリスト吉兆)。2、は映画が面白そうだなあ、と思ったから。映画自体は見ていません(なんじゃそりゃ)。見て見たいんだけどなー…。端に不精なだけですすいません。3ははるか昔に読んだ本。手元に無くなっていたので買って見た。この間、知り合いとの世間話の中で挙がったので、久しぶりに読んでみたいなーと思ったのがきっかけ。本屋で見つけたので冒頭を立ち読みしてみる…ぜんっぜん覚えてねえ(特に最初の方)。ショックのあまり慌てて購入。…よく考えてみたら、別に慌てなくても良かったよーな…。まあ、いつもの事ですが。

さて、健康的な吉兆さんは、そろそろ寝ます。おやすみなさい。(現在、23時)

|

« 「グアルディア」読了。 | トップページ | 本日のブツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/1342744

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の購入物:

« 「グアルディア」読了。 | トップページ | 本日のブツ »