« おかしい… | トップページ | おがきちかは素晴らしいなあ »

2004.08.30

「本格推理委員会」を読んだ

本格推理委員会を読みました

あ、だまされた。

感想
結構面白い。というか、僕が今まで読んだライトノベルミステリ(富士見ミステリーとか、その辺のイメージ)の中では、一番ミステリとして面白かった。
いや、ミステリを読みながら推理をしない人間が何を言っても説得力がないのは承知の上で言うのですが、「意外な結末」を演出していて、しかも、あとから考えればきちんと伏線を貼ってあるのは、当たり前言えばそうなんですが好感度は高いです。
なんというか素直にだまされたというか(だまされすぎ?)。無闇にこねくり回したトリックではなく、想像していた展開の死角から真相が投げ込まれたという感じですね。

いわゆるジュブナイルとしての側面を持っており、物語が進むにつれて、主人公の過去のトラウマと葛藤を主軸とした成長物語として成立している。普通に萌え的な要素もあるので、普段はミステリを読まない人にも勧めやすいですね。もっとも、僕はこの結末はあんまり支持できないんですけど…(つーか、主人公のトラウマはかなりひどいんですが、あれでは解決じゃねーだろ…)。

小説としてはバランスの悪いところもあって、何のために出て来たのかよくわからない登場人物がいたりします。主人公の幼馴染の存在意義があまり感じられないところは残念なところ(ものすごい能力を持っているのになあ)。

あと、この作者、ロリコンと言われても反論できないような気がするなあ(あとがきより)。

|

« おかしい… | トップページ | おがきちかは素晴らしいなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/1309833

この記事へのトラックバック一覧です: 「本格推理委員会」を読んだ:

« おかしい… | トップページ | おがきちかは素晴らしいなあ »