« 蒼穹のファフナー3話 | トップページ | 日々の戯れ »

2004.07.22

ファウストVol.3の続き

「虹色のダイエット・コカコーラ・レモン」佐藤友哉
う~ん…。主人公の変わらぬウダウダっぷりはけっこう良いのだが、文体に、舞城王太郎の影響を強く感じるのは僕だけだろうか。
現実を見据える事が出来ず、ひたすらファンタジーに逃避していく主人公が、結局何一つ為せないまま、最終的に圧倒的な現実の前にさらされてしまうと言う展開は、意外にまともな話とすら言えるような気がするけど、これはたぶん気のせいかな。佐藤友哉ってこんな作家だったかな…。

この後の、「人生・相談」コーナーの方が面白いような気がするのは言っちゃいけませんかね?

個人的なことをいえば、佐藤友哉は「水没ピアノ」あたりの、ぶち壊れた人間たちの破滅的な末路をぐっちゃんぐっちゃんに暴走させた話を書いていた頃が一番好きだったな…。売れなかったんだろうけど。
最近の佐藤友哉は、短編ばかり書いているせいかも知れないが、ぜんぜん暴走しないまま話を収束させているのでもの足りない。もっと、物語という物すら否定するかのような暴走を見せてくれないものかなあ…。

ちなみに、僕は佐藤友哉のファンです。

|

« 蒼穹のファフナー3話 | トップページ | 日々の戯れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/1027686

この記事へのトラックバック一覧です: ファウストVol.3の続き:

» 素晴らしい日々(12) またボックスセットを買ったりして [a piece of cake !]
やけに暖かいですな。会社にいても、家にいても屋内の方が寒いのはなぜ? さて、最近 [続きを読む]

受信: 2005.01.09 08:15

« 蒼穹のファフナー3話 | トップページ | 日々の戯れ »