« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004.07.29

本日の読書

銃姫」(高殿円)

2巻が出ていたので、なんとなくあわせて買ってみました。前から興味はあったんですよね…。
この作者の本は始めて読みますが、確か角川ビーンズか何かでけっこう本を出している人ですよね。けっこう良い評判を聞きます。

あらすじ
魔法を発動する能力が失われ、魔法を使用するのに銃の助けを借りなければならなくなった時代。
セドリックは、この世から「言葉」を消し去る力を持つと呼ばれる「銃姫」を奪った魔銃士を追う。
道連れのアンブローシア、姉のエルウィングとともに旅を続けるセドリックだったが、しかし、彼には隠された秘密があった…。

<感想>
物語のお手本のような作品ですね。個人的には、この作品を高く評価したい。
この作品の何が素晴らしいって、物語が大変美しい。ここで言う美しいというのは、感動的だという意味ではなく、物語的に無理が無く自然であるという事です。もちろん語られている内容も魅力的ですが。

個人的には第一話のセンスが光っているように感じます。一話だけに、登場人物のキャラ紹介という側面が強く、物語的にも単純でわかりやすい。それでありながら話を二転三転させて意外性を演出しているのはけっこう感心。まあ、展開自体は予測の範囲内でしたが。ただ、そこで明らかにされた事実というのが、これがまた誰かが一方的に悪いわけでもないのに誰一人救われないひどい話で、そう言う話になるとは予想して無かったので呆気にとられました(そんなに奇抜な話ではないんですけどね)。そのくせ結末は厳しくも前向きでさわやかですらあるというあたりに、作者の非凡なセンスが伺えます。

こう書いてみると、やたら盛りだくさんだな…。100ページぐらいの中篇なのに…。普通のライトノベル作家ならキャラクターの心理描写を追加して一冊の本にしているところですな。その方が売れるような気がしますが、僕はこの無駄な部分を排除したシンプルなところは好きですね。

ともあれ、気になる作家になりました。他の本も読んでみようかと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.07.28

まあ、一応

今日はプラネテスの日。
第三話。この回もかなりの傑作ですぞ。タナベの傍若無人っぷりが遺憾なく発揮される回であります。
あー、テンション高いよなあ、こいつら…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんですと

バジリスク~甲賀忍風帳」がアニメ化ですと。しかも、GONZOで。
最近の山田風太郎ブームに乗っかった形になるんですかね。節操が無いなあ。
まあ、ようやく山田風太郎に時代が追いついたというところですか。

大体、甲賀忍風帳にしたところで、45年も前の小説だもんな…。それはちょっとアレンジするだけで(無論そのアレンジが大変難しいのだけれど)現代にも通用する話になってしまう(というより、漫画表現自体が進化していないのか?)というのは、やはり山田風太郎の非凡なところでありましょう。

最近になっての山田風太郎に目覚めたにわかファンとしては、ブームによって本が手に入りやすくなったのは嬉しい限り。山田風太郎がいくらでも読めるよ…(喜)。

山田風太郎をあんまり読んだ事が無い方は、是非一読をお勧めします。ジャンプ漫画が好きなら問題なく読めるでしょう。奇想天外な大活劇が待っています。エログロなんじゃねーの?という意見もあるかもしれませんが、それはあくまでも要素の一つに過ぎません。むしろ、人間というものに対する達観にもにた洞察に裏打ちされた物語になっております。また、その奇抜なキャラクターは、現在の漫画的なキャラ造型にも通じるものがあり、キャラクター小説の原型といっても良いかもしれません。

嘘だと思ったら「魔界転生」を読んでご覧なさい。これ、本質的には「聖闘士星矢」ですから(発表年代を考えれば逆か)。圧倒的に主人公たちを上回る戦闘力を秘めた魔人たち相手に、知恵と勇気と友情で立ち向かうという、おお、まさにジャンプ的な展開ではありませんか。

いや、本当だって。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.07.27

なぜか

突然「イエスタデイをうたって」(冬目景)がめちゃくちゃ読みたくなった。

そんなわけで、会社帰りにざっくりと購入。
ああ、本を買いたい時に買える金があるって良いなあ。斜壊塵(誤植にあらず)やってて良かったなあ。

幸せを噛み締めながら読む。電車の中で漫画を読みふけるというのは、一応、20代勤め人としていかがなものかという気もするが、周囲の視線を無視するぐらいにはオタク道を精進しているので無問題である。

悶 絶 。

ぬ、ぬるい。このぬるま湯につかったかのような、生暖かく心地よい空間はどうだ。微妙に感じる青臭い痛々しさも含めて素晴らしすぎる。とても、「羊のうた」を書いた人とは思えぬ。
あーささくれだった心が癒されるー。連載を読んでいたときはそんなに心惹かれなかったんだけどなー。

というか、この漫画が面白くなってくるぐらいに、精神的に荒んできているということなのか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.26

備忘録

斬魔大聖デモンベイン 機神胎動」(古橋秀之)がようやく発売との事ですね。ちっとも情報が出てこないから心配しましたよ…。発売日は8/2との事。忘れないようにせねば。

しかし、よく考えてみると、ゲームのシナリオを書いた鋼屋ジンは古橋秀之にも影響を受けているような節が見受けられるのだが、妄想を承知でそうだと仮定してみると、古橋秀之から影響を受けてデモンベインがつくられて、そのデモンベインを古橋秀之がノベライズしてということになると、影響のフィードバックが起こっている事になりますね。どちらもがオリジナルでありコピーでもある。お互いが影響しあう事で更なる再生産が連なっていくと。
そう考えると、これは、なかなか面白い現象かもしれませんね。いわゆる、本物と偽物の境界が曖昧になっている現代という時代を反映したということでしょうか。

というのは全部僕の妄想なので真に受けないでください。真面目に取られると困ってしまいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.07.25

野球観戦

昨日は珍しく(本当に珍しい)野球観戦などというものをしてきました。
横浜スタジアムでの「巨人VSベイスターズ」戦。地元のスタジアムだが、中に入るのはめったにない。ぶっちゃけた話、生涯で二回目の野球観戦である。知り合いの知り合いにつれていかれました。

前に観戦した時は、中学生だったのだが、そのときは「何でこいつらはこんなに大声を上げているんだ?」とか思っていたほどの糞生意気なガキだった私ですが、いい加減世俗に揉まれたせいか、意外と楽しめました。わーわー騒ぐのもけっこう楽しい。

まあ、もっとも外野席だったので、応援を強要されるところはかなり面倒でしたね…。
やっぱ団体行動って苦手だ…。

それはそれとして、試合内容は、ベイスターズまったく良いところなし。7回ぐらいにゲッツーをとったことぐらいか?後は完封されるわ、バカスカ打たれるわで…うむ、まあこんなものですか。もうちょっと足掻いてくれれば面白かったんだがな、ベイスターズ(一応、ベイスターズ席で応援していたのでした)。11対0はあんまりだろ…。

しかし、指定席が取れなかったからといって、12時から球場で並ばされたのは参った…。試合開始は18:00からだぜ?こんなに長時間並んだのはイベント以来だよ…(そこはかとなく駄目な発言)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.24

妹にマンガを借りてみた

どういう経緯だったか忘れたが、妹に伯爵カインシリーズというマンガを借りた。この作者の本を読むのってすげー久しぶりだ。っていうか、完結していたのか…。

時はビクトリア朝、倫敦。父の死により若くしてハーグリーヴス伯爵となった少年カイン。毒薬の収集家として社交界では悪名を馳せる。そんな彼の周囲には、常に奇怪な事件、殺人鬼の影が跋扈していた…。

いや~素晴らしい。殺人鬼、異常心理、毒薬、近親相姦、エディプスコンプレックスとか、作者の嗜好が良くわかる作品。この作者、本当に殺人鬼とか好きなんだなあ…。

伏線の張り方がめちゃくちゃ強引で、どう考えても先のことを考えてないだろうと思うところはないではないが、クライマックスのテンションと、物語の閉じ方が美しかったのですべて許せます。
まあ、ろくな伏線もなしに、「衝撃の事実」が明らかにされまくるのはどうにかしていただきたいと思うが。

これ勘以外に真犯人を特定する方法がねえだろ!!

しかし、こんなマンガを好む妹って…さすがマイシスター。僕と同じ血を引いているだけの事はある。
兄にこんなマンガを貸してしまうあたり、無駄にアナーキーであると言えなくもない。

しかし、この主人公は本当に鬼畜だなー…。事件を解決するために人をだまし、殺す。まあ、別にそれはいいのだが(良いのか)、可愛い妹に「お兄様の愛に繋がれていたい」なんて言わせてしまうあたり凄いな。世の妹萌え者の怨嗟の声が聞こえそうだ…。

とりあえず、マリーウェザー(異母妹、生き別れ、ゴスロリ、10才)はすげー強力な萌えキャラだ、と主張したい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.07.23

疲労困憊

あー…マジ疲れた。
とある会社へデモおよび打ち合わせに参加。打ち合わせが終わって、すでに日も暮れた頃、会社にとって帰ってまた仕事。延々と仕事してようやく帰宅。
僕はいつからこんな働き者になったのだ…。こんな僕は僕じゃねえ。

というわけで、今日から吉兆act2を名乗る事に致します。もちろん嘘です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.07.22

日々の戯れ

最近、アニメが全然見れない…。
つい録画を忘れたり、時間がずれたりと不幸な偶然が続いているため、すっかり見る気力が喪失しております。
誰か「KURAU」見せて~。

つーか、あれですよ。「プラテネス」ですよ。ついに地上派にて放送名わけですが、いやまったく素晴らしいの一言であります。当分、これさえあれば、僕のオタク魂は充足出来ます。
やっぱし、宇宙は男のロマン!宇宙のサラリーマンドラマでもあります。

 
<最近読んだ本>
晴れた空から突然に…」田中芳樹
田中芳樹の本はほとんど読んでいるのだけど、この本は手元になかったので購入。しかし、結城信輝のイラストだと全然印象が違うな。どうせなら挿絵も欲しかった…。
どうでも良い事だけど、解説が冲方丁だったのでひっくりかえった。なんでこんなところで解説書いているねん!

内容はけっこう面白かったです。田中芳樹は、この頃は何書いても面白かったんだよな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファウストVol.3の続き

「虹色のダイエット・コカコーラ・レモン」佐藤友哉
う~ん…。主人公の変わらぬウダウダっぷりはけっこう良いのだが、文体に、舞城王太郎の影響を強く感じるのは僕だけだろうか。
現実を見据える事が出来ず、ひたすらファンタジーに逃避していく主人公が、結局何一つ為せないまま、最終的に圧倒的な現実の前にさらされてしまうと言う展開は、意外にまともな話とすら言えるような気がするけど、これはたぶん気のせいかな。佐藤友哉ってこんな作家だったかな…。

この後の、「人生・相談」コーナーの方が面白いような気がするのは言っちゃいけませんかね?

個人的なことをいえば、佐藤友哉は「水没ピアノ」あたりの、ぶち壊れた人間たちの破滅的な末路をぐっちゃんぐっちゃんに暴走させた話を書いていた頃が一番好きだったな…。売れなかったんだろうけど。
最近の佐藤友哉は、短編ばかり書いているせいかも知れないが、ぜんぜん暴走しないまま話を収束させているのでもの足りない。もっと、物語という物すら否定するかのような暴走を見せてくれないものかなあ…。

ちなみに、僕は佐藤友哉のファンです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.19

蒼穹のファフナー3話

3話目に入って、ちょっぴり絵が微妙な感じになっていましたね…。
なんかバランスが悪いような…。まあ、そんなに気になるほどじゃないですけど。

しっかし…丁寧に話を進めているなあ…。3話目になって、登場キャラクターたちの関係性が少しずつ明らかにされてきました。
咲良のうちは柔術家なのかな?剣児と衛はその門下なんだろうか。となると、1話冒頭で一騎と剣児がやっていたのは組み手なんだろうけど…一騎って何でそんなに強いんだろうな…。

それにしても、言い方は悪いが、演出が地味で堅実です。ファフナー候補に子供が選ばれて嘆き悲しむ親の姿とか、わざわざ描写するとは…という感じ。近藤先生が真壁指令代行にたいして、きわめて事務的な態度を取っていたり、描写が細かいです。うーん、僕好み…。
あと、狩谷先生がやっぱり怖いよ!!やばいよ!!

しかし、話が動きませんねえ…。一話の間で敵が倒されない(完結しない)事が原因であることもあるのでしょうけど。一話完結方式を取らない事が、ロボットアニメとしてプラスになるのか、マイナスになるのか…微妙なところですね。
まあ、それは良いんですが…こう話が進まないと次回が気になるじゃねえか!!ともだえている吉兆でした。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2004.07.18

ファウストVol.3を読みました

ファウストVol.3を、先日購入しました。他にも読んでいる本があったので、ちょいと時間がかかりましたが、ようやく読了。けっこう読むところが多い雑誌なのは良いですね。

巻頭まんがは、笹井一個がけっこう良い。ファウストらしいというか。ところで、やまざきもへじってこんな絵を描く人だったっけ…。なんか普通に格好良いのですが。

以下、感想です。多少のネタバレがあるかも。

続きを読む "ファウストVol.3を読みました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.16

デモンベインの体験版かあ…

機神咆哮デモンベインの無料体験版配布のとの事。
ダウンロードには会員登録が必要ですが、興味があれば是非。

ぶっちゃけた話、僕はこの作品が超大好きであり(超とか言うな)、ふと気が付くとテーマソングの「機神咆哮」を口ずさんでいたりと、我ながら頭がおかしいんじゃないかと自分でも思うぐらい好きな作品であります。

スーパーロボットものに抵抗が無い方は、問題なく楽しめるのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.07.15

ファフナーについてつらつらと

ファフナー1話、2話を、もう一度見てみました。

冒頭で呼び声に応えているのは、一騎、総士、真矢、翔子と、あとは甲洋でしょうか。問題となるのは、すでに彼らが呼び声に応えてしまっていると言う事ですね。今後の鍵になるのかな…。

あの担任の先生(狩谷由紀恵)の内面を想像すると薄ら寒くなりますね…。
皆城指令の愛人であり、それを亡くしておきながら涙すら見せず、取り乱さず司令部に配属を希望すると言うのだけでもあれなのに、言動が「真壁指令代行の作戦はどう思いますか?」だもんなあ…。咲良のお母さんのように、悲しみに暮れているのならばまだ良いのだけど、悲しみ、怒りをすべて自分のなかに封じ込めているのだとすると…怖え!怖えよ!!

まあ、それが即座に復讐に繋がるかどうかは分かりませんけど…。すくなくとも、総士に対して含むところはありそうですね…。総士は総士で、どうも、父親に対して何かありそうだったし…。大体、総士ってのも怪しいんだよな。帰ってきたとたん敵が襲ってくるなんて、都合が良すぎるような気がします…。(そういえば、冲方書房の包みは一体なんだったんだ?)

2話目は今後に繋がる不和の種が幾つも萌芽していますね。翔子に対する春日井の感情とか、父親を殺された咲良の怒りとか、もちろん担任の先生や、総士もそうですね。

今のところ、周囲の感情に無縁なのは、一騎と真矢だけですね。一騎はあまり主体性があるタイプではなく、他人のために動くタイプと見た。いわゆる、忠義の人、悪い言い方をすれば犬タイプか。総士を全面的に信頼し(しかし、過去に何かあったみたいですよ?負い目か?)、島の人たちを守るためにこそ戦う。
真矢はなんでしょう。なんとなく猫タイプか。全然、他人に依存していないので人気はなさそうだ。僕は好きだが。一人で友人を助けに行っちゃうくらいだから、守られるヒロインでは無さそうです。それは翔子の方がヒロインヒロインしておりましたけど、真矢への依存度は高そうで今後の展開がどうなる事やら。対立し始めたら根が深そう…。

この人間関係が、三話以降どのように動いていくのか、もー楽しみでたまりません。
…我ながら素直な見方ではありませんね。反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.12

最近のブーム

最近、僕の中で、空前の新井輝ブームが巻き起こっております。
この作家、実は、僕が嫌いな某作家と勘違いしていていて、今まで一度も本を読んだことが無かったんですが、とあるサイトの感想を読んで勘違いに気が付いたのがきっかけで最近読んでみたのです。
あ、別に、その某作家と名前が似ているとかそう言うわけではありません。単純な思い込みと言うやつですね。

そこでうけた印象と言うのは、「あーまたギャルゲーエロコメ萌え路線の作品かー。でもけっこう褒められているし、出来は良いようだ。暇つぶしにはちょうど良いかもなー」と言ったところ(長いよ)。
そんなこんなで「ROOM NO.1301―おとなりさんはアーティスティック!? 」を読んでみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<絶句>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すっげえ…。お、面白いよこれ。失礼な事考えてすいませんでした。なめてました。

確かに、印象どおりのギャルゲーエロコメ萌え路線小説である事には違いないんですが…微妙に痛い展開も無いこたないが、それも大して盛り上がるわけでもないんですが…しかし、いろいろな意味で衝撃的。
つーか、富士見書房ってのは何でもありなのか。こーゆーのもありなのか。すげーな。
少なくとも、ミステリーでは全然ないな。

この話は、愛を求道する物語である。愛とは、恋とは一体なんなのかをひたすらに追求する物語である。ちなみに、これはネタでもギャグでもない。マジである。
まず、この主人公、恋愛というものが理解できていない。他人を好きになると言う気持ちがまったく理解できていないでいる。そんな彼が、突然告白されて、なんだかわからないうちに付き合う事になる。
そんな彼が、様々な事情のある少女たちと出会い、「愛って何だ」という他者との関係性を考えていく、というお話。
(吉兆視点なので、かなり主観が混じっています。あしからず)
あ、普通に萌え萌え出来ますのでご安心を。ラブコメ分も注入されております。

うーん、ファンになりそうだ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.07.10

企画の続き

この間、唐突に始まった(そして僕以外誰も楽しくない)企画は順調に進行しております…といいたいところなのですが、ちょいと停滞気味。
というのも、「不思議の国のアリス」を読了したのは良いのですが、それからなぜが、ナボコフの「ロリータ」に浮気してしまい(我ながら微妙な表現だ…)、ロリータがあまりに面白すぎるために企画の本が読めない状況であります。
というか、何で今まで読んでいなかったんだろう…。

少女にしか欲情できない主人公が、その悶々とした欲望を、ひたすら芸術的で格調高い文章で綴った作品であります。今更言うまでもない話ですが、凄いよこれ。その回りくどい事極まりない筆致で、やっている事は「ロリータたんハアハア」なわけで、そのギャップがまた笑えてしまうというか、これギャク小説だよね?

…なんか読み方間違っているような気がするが…まあ、いいや。

なんか読んでいて、既視感を感じるなーと思ったら思い当たりました。これって大槻ケンヂや滝本竜彦の系統だよね・・・。妄想が炸裂し、欲望に流されやすい駄目人間テイストが全編にちりばめられていながら、文学として、エンターテインメントとして成立しているさまは、太宰治よりは大槻、滝本のような気がします。

すごいや!滝本竜彦のルーツはナボコフにあったんだ!!(いや、それは無い…かな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.09

謎のつぶやき

ふと気が付いた。

Forestって、要するに「スーパー文学大戦MX!!」だよなあ。

なあ?(誰に言っている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.05

蒼穹のファフナー1話・2話

待っていましたついに来た。
蒼穹のファフナー、放映開始です。いや~長かった。なぜかこのサイトが蒼穹のファフナー検索すると上位に来てしまったりとわけのわからない事がありましたが、私は元気です。

基本的に、私はストーリーコーディネーターの冲方丁のファンであり、そちら経由でこの作品の事を知りました。10年来(?)のファンである冲方氏が、アニメの世界でどれだけの実力が発揮できるのか、非常に期待しております…が同時にやっぱり勝手が違うかもしれないし、作品としてどこまで関われるのかわからないないしと非常に不安なところもありまして…。あらすじとか見ていると、少年少女の群像劇っぽいですが、主人公が少年二人とかSEEDを思わせる設定とか、ひょっとして萌えに走っちゃうんじゃないかとかもう考え出すときりがありません。

そんな期待と不安を感じながら早速視聴を開始しました。

<視聴後>
き、来た!来ました!!すげえ!!
物語が動いているよ!キャラクターをガンガン掘り下げに入っているよ!!
どーするよ…序盤からこんな事やっちゃって…もっとやれ。
とりあえず、個人的には絶賛したい。

しかし、これはスーパーロボットアニメの燃えはなく、逆にエヴァみたいなトラウマ系でも、SEEDみたいな萌え系でもない、非常に不思議なタイプのアニメですね…。そう言うのを期待している人には肩透かしかもしれませぬ。物語的には王道なんだけどなー。

あ、冒頭の展開には、確かにエヴァを思わせるシーンはありました。日常と非日常が同居した風景と言うのは、アニメではエヴァンゲリオンが印象深いのですが、ファフナーもその点は踏まえているとはいえます。しかし、似ているのはそれだけですね。これ全然エヴァじゃないよな、これ…。

それにしても、キャラクターが多いのに、きちんと描くわけがされているのは凄いな。2話の最後には、一騎くんのクラスメートの関係が大体理解できるようになっています。

とりあえず、期待を裏切らぬ出来で大変素晴らしかったです。内容も過度に難解じゃないしね。
次回も楽しみになりました。

さて、もう一回見ようかな…。

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2004.07.03

突然の企画

昨日、会社帰りの電車の中で思いついた企画。
悪趣味だと言われかねませんが。

名づけて、「Forestライアーソフト)に登場する作品群の原作を読んでみようかな」(長い)
(あ、上記のリンクは一応18禁PCゲームのサイトなのでご注意を)

個人的には(ここ重要)大変自分好みで大好きなゲームなのでありました。エロスはほとんど無いです。
もう、発売されてから半年近く経っているゲームですが、未だに印象は強烈でしたね。
読書を読む事が好きな人ほどはまります、たぶん。

この作品には、西洋児童文学をはじめとして大量の引用がされているのですが、とにかく、ものすごい量です。また量だけでなく、物語への組み込み方も面白かったですね。
ただ…残念な事に、僕はそれらすべてを網羅しているとはとても言えません。むしろ、読んだ事のある本の方が少ないぐらいですね…(いちおー大学では西洋史を専攻にしていたと言うのに)。

元ネタは、ちょっと思いつくだけでも
・「不思議の国のアリス」
・「鏡の国のアリス」
・「真夏の夜の夢」
・「ピーターパン」
・「ナルニア国物語」
・「ウォーターシップタウンのうさぎたち」
・「指輪物語」
・「ゲド戦記」
・「キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法」
・「メアリー・ポピンズシリーズ」
・「クマのプーさん」
・「銀河鉄道の夜」
・「ドリトル先生」
・「宝島」

主なやつだけでもこれくらいはあります(まだあるかも)。いやー凄いね。懐かしい作品ばかりだ…。
しかし、読んだ事があるものも内容を忘れていたり、読んでない本もあったりで、良い機会なので、名作と呼ばれる作品を読んでみようかな、と。

とりあえず、本棚にあった「不思議の国のアリス」から読み直してみようかと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »