« 冲方丁のムービー | トップページ | 長かった… »

2004.06.24

またまたそういえば

ヴァンパイヤー戦争1、2も読み終えていたのでした。
矢吹駈シリーズを読んだ印象からはあまりにもかけ離れた内容は、ある意味衝撃的でした。

それにしても、主人公のものすごい行き当たりばったり振りには、見ていて爽快感すら覚えますな。
内容は「主人公が何にも考えずに目的に向かう→当然のごとくピンチに陥る→なんだかわからないが偶然助かる→とりあえず敵は皆殺し→美女とセックス」が基本であり、ストーリーはこれを繰り返しているだけなんですが、なぜかやたらと面白い。

いわゆる、男の願望のてんこもり丼といったところでしょうな。主人公の、自らの肉体性に対する信仰が、なぜか子供の頃の憧れを思い起こさせます。ガキの時は、なんだかよくわからないがひたすら強い者に憧れたよなあ…。

武内崇の絵は、まあ、そんなに思っていたほどじゃなかったな。誰がどう見たってライトノベルにしか見えないけど…。
まあ、キキだけは萌えたからよしとしよう。

|

« 冲方丁のムービー | トップページ | 長かった… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/828464

この記事へのトラックバック一覧です: またまたそういえば:

« 冲方丁のムービー | トップページ | 長かった… »