« ラッシュライフ読了 | トップページ | スタチャ…本気だな。 »

2004.06.06

下妻って地名だったのか

意外なことに面白かったです(ひどい)。

下妻物語」を見て来たのでした。
左右を見渡しても女の子とカップルが多く、いやあ居心地の悪い事おびただしい。なんとなーく嫌な汗をかいてしまいましたよ…。

世間と呼ばれるものから、否応無しに爪弾きにされ、自分以外のあらゆる他人を信じず自分ひとりだけの価値を信じて生き抜こうとする少女が、同じように世間から浮いてしまった少女と出会い、初めての友情を得る。この世に存在するのは、自分ひとりではないと知る。

たぶんこれはそーゆー話。

主人公であるフリフリロリータ少女は、どこまで行ってもアウトサイダーであり、本人もそのことを自覚している。他者と協調する(なあなあで済ます)ことが出来ず、常に世間と対立している。だから「人間なんて常に一人なの。一人で生きていかなきゃ行けないの」という主人公の発言は、自分の身を守る防壁であり切実な思いがこめられているように感じる。

それは、もう一人の主人公である暴走族ヤンキー娘も同様で、しかし、常に仲間と友情をもとめるヤンキー娘の強引さがあった。その影響で、確固たる自分の世界を築き上げてきた少女が、ほんのわずかづつ自分以外の世界を受け入れていく過程が描かれているように思えた。

はちゃめちゃな展開と裏腹に、非常に繊細なテーマを扱っているように思えるのは、原作の要素なのかもしれない。興味がわいたので、嶽本野ばらの小説を読んでみようかと思う。

あ、作品の最後にちょっとしたサプライズ。

音楽:菅野よう子

音楽:菅野よう子


僕は事前に知っていたけど、それでも改めてみるとインパクトあるなあ…。
サントラどうしよう。

どうでも良いのですが、隣の席の女子高生うるさかった。
映画を見ているときぐらい静かに見れんのか。

|

« ラッシュライフ読了 | トップページ | スタチャ…本気だな。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下妻って地名だったのか:

« ラッシュライフ読了 | トップページ | スタチャ…本気だな。 »